So-net無料ブログ作成
検索選択

VOL.193『長寿遺伝子を働かせましょう』 [長寿]

◆長寿遺伝子とは
 日本は世界に先駆けて長寿国となり、100歳以上の長寿者は5万人を超えました。2003年、アメリカ・マサチューセッツ大学で酵母の長寿遺伝子が発見され、全てのヒトにもこの長寿遺伝子があることが分かりました。この長寿遺伝子は、若い頃には働く必要がないので細胞の中で休んでおり、50歳以上になると働き出します。100歳以上の長寿者はこの長寿遺伝子が働いたのです。
 ヒトが活動する時にはエネルギーが産生されますが、同時に2〜3%の活性酸素が産生され、細胞内の遺伝子を傷つけます。細胞は分裂するごとに傷ついた遺伝子によって障害されます。つまり、老化は遺伝子の傷が原因で起こり、肉体の変化として現れます。活性酸素が引き起こす細胞の傷から遺伝子を守るのが長寿遺伝子で、老化の速度を遅らせる働きがあります。そして長寿遺伝子の働きには個人差があります。

◆飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸
 ヒトのエネルギー源の中心となるのが糖質です。若い頃は基礎代謝が大きいので、糖質を過剰に摂取しても肥満になりにくく、糖質を制限するとエネルギー不足となります。40〜50代からは糖質を過剰に摂取すると基礎代謝が低下しているので肥満になり、長寿遺伝子が働きません。
 長寿遺伝子を働かせるには糖質を制限することであり、これが肥満や糖尿病を防ぐ要因となります。糖質を制限するだけでは栄養バランスが乱れるので、肉類や魚介類、豆類などのタンパク質を摂取しましょう。肉類は毎日もしくは週に2〜3回摂取し、同時に野菜の食物繊維を摂りましょう。肉類は飽和脂肪酸が多いので、血液中の悪玉コレステロールや活性酸素が増加しますが、一緒に野菜や果物、豆類や海藻類を食べると腸内バランスを整います。
 50歳前後から男女ともに更年期障害になります。女性は女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって男性よりも症状が明確で、倦怠感・不安感・集中力の低下などが起きます。男性も男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少し、性欲や性機能・筋肉量が低下します。飽和脂肪酸は常温で固まりますが、不飽和脂肪酸は常温でも固まりません。常温で液体状のものを油、固体状のものを脂肪といい、両者をまとめて油脂といいます。飽和脂肪酸は牛・豚・鶏の肉類や牛乳・卵・バターなどの乳製品で、ヒトの体内では固まりやすいので血液をドロドロにします。不飽和脂肪酸は魚介類や野菜に含まれる油で体内でも固まらず血液はサラサラな状態で流れます。
 不飽和脂肪酸は脳の細胞膜、神経細胞やシナプスの細胞膜に欠かせない材料です。特に、50歳以上の認知症予防に有効な不飽和脂肪酸であるDHAやEPAは青魚に多く含まれています。週に3回以上の頻度で魚を食べる人は認知症になる確率が低いという調査結果もあります。

◆健康で長生きを
 50歳以上になると、肥満解消のために急に運動を始める人が増えます。運動は男性ホルモンの分泌に役立ち筋肉量を増やしますが、活性酸素の発生量も増やします。激しい有酸素運動やマラソンは、肉体(筋肉)を鍛えるのには良いですが、老化も早めます。過度の負担をカラダにかけると、活性酸素の発生量が増し、長寿遺伝子が働かないので、老化が進みます。
 50歳を過ぎたら、カラダを冷やさないように温泉やお風呂で体を温め(ヒートショックプロテイン)、深呼吸で新鮮な空気を吸い込み、ミネラル成分を豊富に含む水をたっぷり飲みましょう。また、腸内フローラの働きを高める食物繊維を十分に摂取しましょう。腸の蠕動運動を活発にすると長寿遺伝子が働き出します。長寿遺伝子を働かせ、いつまでも健康で長生きしましょう。

v193.jpg

VOL.190『健康寿命を延ばし天寿を全うしましょう』 [長寿]

◆『養生訓』
 健康に関する指南書として、江戸時代に貝原益軒によって書かれた『養生訓』が有名です。同時代に活躍した松尾芭蕉は翁(おきな)と呼ばれ、長生きしたと言われていますが50歳ほどで亡くなっており、当時は50歳が自他共に老人と認める時代であったことが分かります。
 養生訓には、人間の体は天地や父母の恵みを受けて生まれ、謹んでよく養って天寿を保つべきであると書かれています。人間の体は100年を期限とし、上寿は100歳、中寿は80歳、下寿は60歳で、60歳以上は長生きとされます。貝原益軒本人は85歳の長寿で亡くなっています。

◆目指せセンテナリアン
 今日、日本では人生90年時代を迎えようとしています。果たして人間は何歳まで生きられるか?限界寿命には遺伝子レベルも含めて様々な説がありますが、だいたい120歳ぐらいとされています。長寿の記録では、かの有名なオールド・パーが150歳まで生きたという話がありますが、これは伝説的なもののようです。実際にはフランス人女性のジャンヌ・カルマンさんが、122歳で1997年に亡くなった記録がギネスブックに登録されています。日本では鹿児島県徳之島の泉重千代さんが1986年に120歳で亡くなったとされていますが、誕生当時の戸籍制度があいまいだったため、生年の確認はできないそうです。中国では秦の始皇帝が不老不死の仙薬を求め、仙薬によって逆に死期を早めたといいます。不老不死の仙薬などなかったのです。
 100年を生き抜いた人たちを「センテナリアン」と呼びますが、近年日本ではセンテナリアンが5万人を超す集団となっています。これらの長寿者から天寿を全うするための条件を調べると、小柄な人が多く、常に平均体重を維持し、体重の変動は少ない。小柄で基礎エネルギー代謝が少ないことから、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞などのリスクが低いのです。100歳以上で有名になった双子の姉妹キンさんとギンさんの脳を調べたところ、動脈硬化が少なかった記録があります。100歳以上の長寿者は、生活習慣や食習慣が規則正しく、多種類の野菜を摂り、魚もよく食べています。歯がほとんどなくても刺身などの柔らかい食品、様々な食品を偏りなく食べています。多くは仕事好きで、畑仕事などに精を出し、高齢になっても仕事に情熱を持ち続け、明るくよく笑い、前向き思考で、活動的、意欲的、積極的な人たちです。逆境においても順応性が高いのが特徴的で粘り強さがあります。社交性に富み好奇心旺盛で、興味を持つと深く突き詰める性格で、ストレスに強い、これが知的能力を刺激し衰えを感じさせません。

◆天寿を全うするために
 天寿を左右するものには遺伝的要因と環境的要因がありますが、近年、長寿遺伝子が注目され、研究が進んでいます。一般的に若い頃は命などには無頓着なもので、加齢とともに気になってくるのです。命の重さや大切さに気づく頃には命の先が見え、危ぶまれる状況が進行していることもあります。若いからといって毎日の生活習慣が乱れていれば、カラダの遺伝子に記録され個人の性格として蓄積します。大人や高齢になって気づいても回復はできないのです。ヒトは生まれる時には平等に命を手に入れ、100歳の天寿が全うできるように遺伝子に組み込まれます。しかし、生活習慣の中でそれが徐々に障害されていき、病気や事故によって寿命が終了します。それぞれの人に原因があり、天寿への道は自分で創るものであると養生訓は教えています。400年前の教えに従い、ミネラル豊富で栄養バランスの良い食物を摂り、良い水を飲んで100歳長寿を全うしましょう。

v190.jpg

VOL.165『老化予防するポリアミンって?』 [長寿]

◆長寿の島
 鹿児島県の奄美大島は別名『長寿の島』と呼ばれています。100歳以上の長寿者の 割合は、全国平均が10万人あたり42.66人なのに対し、この島では122.63人で約3倍もいるのです。
 この島の長寿には『ミキ』と呼ばれる飲み物が関係していると言われています。ミキは奄美大島の伝統的な発酵飲料で、原料は米とサツマイモです。繊維質が多く、とろみがあり、サラリとした飲み心地の甘みのある米のジュースで、1mlあたり約1億個もの乳酸菌が含まれています。粥状にした米に磨り潰した少量のサツマイモを入れることで、乳酸菌が発酵し、このミキを毎日のように飲んでいることが健康の秘訣のようです。

◆ポリアミンとは
 奄美大島に住む100歳のある女性は食後にチーズと一緒にミキを飲んでいるそうです。この女性には73歳の娘と37歳の孫がおり、親子3代の糞便を調べてみると糞便1g中に100歳の女性で31億個、娘には770億個、孫には740億個ものビフィズス菌が含まれていました。一般に健康な人(23〜45歳)のビフィズス菌は約100億個で、老化とともに減少するので、この100歳の女性に30億個も存在するのは奇跡と言えます。
 腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌に大別されています。善玉菌は酢酸を産生するビフィズス菌や、乳酸を産生する乳酸菌などです。乳酸菌はブドウ糖から乳酸を作る細菌で、酸素のあるところで生きられますが、ビフィズス菌は酸素のあるところでは生きられません。乳酸菌が糞便1gあたり100万〜1億個に対して、ビフィズス菌は100〜1000億個存在します。悪玉菌はたんぱく質やアミノ酸を分解して腐敗させます。体調を崩すと、悪玉菌から出る腐敗物質が血液を通じて体内に運ばれ、有害な作用を引き起こします。
 最近、老化を予防するといわれる『ポリアミン』という物質が注目されています。ポリアミンはアミンという塩基がたくさん集まった物質という意味で、生命維持に密接に関係しています。老化とともに血液中のポリアミンは減少します。またアトピー性皮膚炎でも減少してしまいます。しかし、ビフィズス菌の入ったヨーグルトを摂取すると、腸内細菌叢のバランスが変化し、ポリアミンを作り出す腸内細菌が増えます。発酵食品や線維素を多く含む食品は腸内細菌叢を活性化し、常時ポリアミンを作り出します。

◆善玉菌を増やして老化予防
 腸内細菌叢のバランスは生まれた時に決まり、基本的に変わることありません。新生児の腸内細菌の組成は母親で決まります。新生児の腸内は母乳に含まれるビフィズス菌が産生する酪酸や乳酸によってpH4.5ぐらいの酸性となっています。そのため細菌やウイルスは生きられません。もし、母親が便秘や肥満であれば、その子供も便秘や肥満になり、アレルギーならば、子供もアレルギーになります。帝王切開で生まれた赤ちゃんは腸内細菌叢のバランスの定着が遅れるので感染症になりやすく、肥満率は普通分娩の子供の2倍以上の確率となります。
 一般的に50歳を超えると、腸内は悪玉菌優位に働き老化が進みます。老化の予防には善玉菌を増やし、維持することが大切です。奄美大島の長寿者は、若い頃から発酵飲料であるミキを飲んでいるおかげで、これが日常生活の中でできています。腸内細菌叢のバランスは必ずしも乳製品によって保たれているわけではありません。日本人には日本人に合う発酵食品を摂取することも大切です。

v165.jpg