So-net無料ブログ作成

VOL.209『子供のストレスは要注意』 [脳]

◆幼少期のストレスが健康に影響
 近年、脳科学の急激な進歩により、心と体の病気を引き起こすストレスについて解明されてきました。特に、幼少期の環境が極めて大きな要因となることが分かってきており、子供の頃の強いストレス体験が大人になってからのストレスに対する耐性を弱め、脳に障害を与えるというのです。
 子供の頃に虐待・いじめ・ネグレクト(育児放棄)などを受けた人の出来事を点数化し、子供時代のストレス量を集計した調査があります。同時に脳の扁桃体を調べたところ、幼少期のストレス量が多い人ほど、大人になってから扁桃体が敏感に反応することが分かりました。そのような人は毎日の不安や恐怖といった刺激に対し、実際に経験している以上により大きなストレスを感じたり、ストレス状態が長く続いてしまいます。

◆報酬系と扁桃体
 脳におけるストレスへの反応メカニズムは報酬系と呼ばれています。報酬系とは、人に快感を与える系列で、美味しいものを食べた時、お金がたくさん入ってきた時などに働く神経の興奮です。ヒトは常にこうした快感を与えてくれるものを追求することで意欲が高まります。このように脳内の報酬系が刺激され働く際に関与するのが扁桃体です。つまり、脳は辛いことが終われば報われたいし、快感を覚えます。これが報酬系です。
 ところが、子供時代に大きなストレスを受け続けた人は、この報酬系がうまく作動しません。通常なら、ストレスを受けた後には脳の報酬系が働いてストレス反応の暴走にブレーキをかけるのですが、報酬系の働きが低下しているので、ストレス反応が大きくなり長期化してしまうのです。
 子供の頃に虐待を受けた人が自分の子供を虐待するケースも少なくありません。これは、ストレス刺激によって遺伝子が傷つけられ、記憶として残っているためです。遺伝子が傷つけられると、若くても老化が進みます。細胞の年齢と実際の年齢の違いを測定してみると、ストレスを受けた子供では老化が早いことが分かっています。このような現象を遺伝子DNAのメチル化と呼びます。遺伝子のメチル化とは、遺伝子が老化した状態をいいます。細胞が分化して成熟すると、その後は細胞死に向かいます。これが細胞のメチル化です。ストレスを受けた子供の健康状態について調査した結果では、細胞の加齢と病気の発症に相関性が見られました。11〜12歳の子供を10年間にわたり追跡調査した結果でも、成人になってからのライフスタイル・家庭環境・家族との関係・健康状態など、全てにおいて遺伝子の老化傾向が見られました。強いストレスが遺伝子の老化を早めるようです。この傾向は40代、50代、60代になっても続き、心臓疾患や脳卒中・糖尿病・ガンなどになる確率も高くなっています。
 また、通常、ストレスホルモン値(コルチゾール)は朝に最も高く、寝る前に減少するのですが、強いストレスを経験するとコルチゾール値が変化しなくなります。子供の頃のストレスで体内の炎症反応が活発化し、コルチゾール値が減少しなくなるのです。

◆ストレスから子供を守ろう
 ストレスによる脳の傷は治らない傷ではありません。今日、ストレス社会から子供を守る研究が進んでおり、効果的なホルモン投与や生活環境の改善による脳の回復治療が行われています。また、子供の頃に受けた強いストレスは成人になっても長く影響することから、精神的治療も必要とされています。
 サルでの実験では、子供の頃に親から子育てを放棄されたサルは自分が親になっても子供を育てないことが証明されています。人間でも、虐待された子供は親になって自分の子供を虐待する傾向があります。このような連鎖は止めなければなりません。ストレスがさまざまな病気の素となることも分かっています。21世紀はガン対策よりもストレス対策が重要なのかもしれません。

V209 (2).jpg

VOL.200『脳を活性化させる神経幹細胞』 [脳]

◆新しく増え続ける神経幹細胞
 脳の神経回路の働きは成人を過ぎると衰える一方だとか、毎日数千個の細胞が破壊されているなどと言われますが、最近の研究では、決してそんなことはないということが分かりました。人の脳は500万年にわたる進化の過程で変化し続け、その環境に適応していくために特別な装置を組み込んできたのです。
 脳の中には、今も新しく増え続けている神経細胞があります。それが神経幹細胞です。神経幹細胞は5〜50億個存在し、脳細胞全体の5%を占めています。海馬という記憶を生み出している場所では神経幹細胞が日々新しくニューロン(神経回路)を作っています。つまり神経幹細胞とは、記憶を作り出すためにある特別な仕組みなのです。脳はどんなに歳を重ねても幸福を感じ続けていたいために成長し、進化し続けているのです。

◆活力を失っているだけ
 近頃、若い人の話についていけないとか、自分には到底縁のないジャンルの話に対して参加する気持ちが起きないなど、興味も好奇心もなく、物忘れが多くなる…これは脳細胞が壊れたのではなく、神経細胞が萎縮してきた兆候です。脳細胞の数は変わりませんが、活力を失ってきているのです。かつて、脳細胞は1日に10万個以上死滅するとか、一切生まれ変わらないという俗説がありました。しかし、脳細胞の数は健康であれば劇的に減ることはありません。大部分の脳細胞は生まれ変わらないのですが、唯一海馬の歯状回では日々生まれ変わり、新生ニューロンを増やしているのです。急激に脳細胞が減少するのはアルツハイマーやパーキンソン病などの慢性的な病気です。
 脳細胞は、樹状突起と呼ばれる神経突起がシナプスという回路を使って情報伝達します。歳をとると、この神経細胞1つ1つのパワーが低下し、信号や刺激が伝わるスピードが落ちてきます。つまり、神経細胞の処理能力が落ちて気力や活力が低下するので、脳が衰えたと感じるのです。脳が衰えるスピードを遅らせるには脳に刺激を与えることです。物事に感動するとか、仕事や趣味に夢中になるとか、新しいことにチャレンジするのがいいでしょう。このような刺激を受けると脳は、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質を分泌させ、脳細胞を活性化させます。脳はいつでも新鮮で驚きのある刺激を求めているのです。いつもと違う変化や予期しない出来事に対応することが生じると、脳細胞は今まで使ったことがない別の神経回路を使って情報を処理します。別の神経回路を使うことで新しい神経回路が伸びるのです。新しい出会いや感動が毎日をイキイキと過ごす脳の栄養源となるので、若々しく輝いて見えるようになります。

◆新しいことにチャレンジしてみよう
 新生ニューロンは神経幹細胞が作ります。そして、新生ニューロンの活性化を補助する役割を担うのが神経伝達物質のGABAです。GABAは既存の神経ニューロンに対しては落ち着かせるように抑制的に働きますが、若いニューロンに対しては興奮させ活動を高めるように働きます。また、GABAの刺激を受けることで神経幹細胞は神経ニューロンへと成長します。神経幹細胞に対してGABAは必要不可欠な栄養素です。新生ニューロンの働きは記憶力の向上であり、思考力・発想力・意欲などを高め、嫌な記憶を消し、ストレスに対して抑制的に働き、適応力を高めるなどです。
 今日、神経幹細胞の存在が確認されているのは海馬の歯状回・脳室・大脳新皮質の3カ所です。ところが、新生ニューロンになるのは海馬の神経幹細胞のみです。今まで経験したこともない難問や、新しい課題にチャレンジすると、今まで使っていた神経回路では間に合わないので、新しい神経回路が作られ、気力が高まります。脳を活性化し、認知症を予防するために、新たな刺激を求めたり、新しいことにチャレンジして脳の神経幹細胞を増殖させ、活性化してみませんか。

v200.jpg

VOL.158『IQが高いとは?』 [脳]

◆IQテスト
 今日のストレス社会では、人間関係がうまくいく人・うまくいかない人、頭の良い人・悪い人などと区別されたりしますが、本当に頭が良いとはどういうことでしょうか。目安のひとつにIQがあります。IQテスト(成人知能検査)は1933年に開発され、医療・教育・福祉など幅広い分野で活用されています。IQテストは言語能力と数学能力に加えて、空間図形能力を測る知能検査で、これらをいかに速く理解し、把握できるかという処理速度で判断します。これらの能力には相関性があるからで、言語能力が低ければ計算能力も低く、空間図形の能力も低いということになります。
 IQテストは、同じ人が受けると10歳でも20歳でも同じような結果になるように作られています。IQが家族に遺伝するかどうかを調べると、親子では共有率が50%、兄弟姉妹では50%、祖父母や孫は25%、叔父・叔母・甥・姪で25%、一卵性双生児では100%、二卵性双生児では50%となりました。但し、これに環境因子が加わるので実際の数値は変わってきます。また、いくらIQが高くても勉強しなければ良い成績は得られず、逆に一生懸命勉強すればIQが高い人よりも良い成績が得られることもあり、IQと学力との相関関係については分かっていません。学力においては環境要因の占める割合が大きいといえるでしょう。社会に出てからは、人間関係能力やコミュニケーション力にさまざまな因子が絡んでくるので、社会性とIQの高さに関係性があるかどうかには疑問が生じます。

◆記憶力と睡眠
 IQを高める項目のひとつに記憶力があります。記憶力の良さは頭の良さを決定する要素となります。記憶力は生まれつきや遺伝で決まるのでしょうか。記憶には脳の海馬が関係しています。海馬は貧血に対して非常に弱く、海馬に血液が行き渡らないと短期記憶が悪くなります。この現象は認知症の初期段階にも見られます。認知症の初期にはついさっきの行為である短期記憶が失われますが、昔のことはよく覚えています。短期記憶は海馬や側頭葉で蓄積されますが、長期記憶の方は大脳全体のさまざまな部分に断片的に蓄積され、それが神経細胞の情報ネットワークによって呼び起こされます。
 短期記憶から長期記憶への移行は睡眠中に行われます。睡眠は昼間の不必要な記憶を消去して、大事な記憶だけを残す働きがあります。記憶力を高めるには睡眠が不可欠なのです。脳神経の情報ネットワークにはシナプスが関与しており、神経線維内を流れた電位信号は、シナプス内の神経伝達物質が情報を伝達します。精神遅滞(IQは極めて低い)の人は神経伝達物質の分泌が少なく、不規則です。精神遅滞の人が物覚えが悪いのは、脳の神経細胞の回路がつながりにくくなっているからです。

◆脳を活性化しよう 情報回路を活性化し、記憶力を高めるには単純な練習の繰り返しが最も効果的です。反復練習を3回以上することで、脳の神経細胞が刺激され、長期記憶となります。暗記力は生まれつきの遺伝で決まるようですが、いくらIQが高くて頭が良い素質を持っていても、集中力がなければ能率は上がりません。集中力は遺伝よりも環境要因に左右されます。好奇心の強い人は脳内の神経伝達物質が活性化されるので、集中力が高まります。日常生活の中で、いろいろなことに興味を持ち、初めてのことにも挑戦し体験する機会を増やすことで、いつまでも脳を活性化させておくことが認知症の予防につながります。


v158.jpg



VOL.146『三つ子の魂百までと言いますが…』 [脳]

◆子供は憶えている?
 1991年、チェンバレン医師は『3歳前後の幼児は胎内での経験や自分が生まれた時のことを記憶していて話したりする』と発表しました。胎内にいる時は周囲が明るく、丸く、眩しかったなどと記憶しているというのです。また、9歳から23歳を対象にした催眠状態で出生児のことを思い出すという実験では、お腹の中の自分のことを医師と母親が話しているとか、母親がベッドで自分を抱いているということを覚えているという結果が出ました。
 これらの事例は、脳科学の世界では支持されてはいません。胎児期や新生児期には、経験を記憶する長期のエピソード記憶を支える脳が未発達で構築されていないと考えられているからで、その時期のことを覚えているというのは不確実な記憶であると結論しているからです。私たちが幼児期の記憶だと思っていることの中には、後で人から聞いたり、写真などで付け加えられたことが入っており、本人はそのことに気づいていないことが多いものです。これが幼児期の脳の発達の概念である刷り込み現象(インプリンティング)です。雁は生まれて最初に見たものを母親と認識し、脳に刷り込まれるという有名な話があります。刷り込み現象は雛が生き延びるために必要な現象です。ヒトの乳児の脳の発達でも刷り込み現象の臨界期があります。

◆幼少期が脳の発達を決める
 乳児の脳内のシナプスは成人と同じくらいの密度です。新生児期には成人の1.5倍あり、最大の密度ですがその後は急速に減少し、思春期から16歳頃までに30%ほどが失われます。すなわち、幼少期の生活環境が脳の発達を決めるのです。
 言語を身につける時期にも臨界期があるといいます。狼少女カマラの話は有名で、カマラは幼児期に狼に育てられたため、大きくなっても言語を理解せず、四つ足で歩き回り、夜になると遠吠えをし、鶏を見ると飛びかかって生のまま食べてしまいました。17歳まで生きましたが、ついに言葉を話すことなく死亡しました。このように、幼児期の環境は事象が脳に刷り込まれ、子供は人間にも狼にもなるのです。これが臨界期で、年齢とともに影響は少しずつ減少します。
 例えば、生まれた時から2つの言語に接していると、2つの言語中枢は一致するのでバイリンガルになります。完全なバイリンガルになるには3〜5歳くらいの間の環境が重要で、この時期に言語的知性が構築されます。つまり、この間に学習の臨界期が存在するということなのです。3歳頃までに人の基本的な知性は決まってしまうので、その間に良い環境下で刺激を与えることが大切です。

◆お稽古ごとはいつから?
 ヒトを含めた哺乳動物には、インプリンティング(刷り込み現象)の臨界期の間に受ける刺激が人生に極めて大きな影響を及ぼします。特に、脳の神経細胞は胎児期後期(妊娠後期)に盛んに分裂し、脳の形と構造(神経ネットワーク)が作られます。生後、脳の機能が急激に発達するこの時期の外界からの刺激は脳に多大な影響を与えます。
 幼児期からの習い事やお稽古ごとは脳の機能にどのような影響を与えるのでしょう?多くの人が幼い頃からの習い事を推奨しています。しかし、脳が発達した後の方が良いとする人も少なくありません。どちらが良いかは今後のさらなる研究を待ちたいと思います。

v146.jpg