So-net無料ブログ作成
ミネラル ブログトップ

VOL.191『生命の鼓動』『生命の炎』カルシウム [ミネラル]

◆カルシウムの働き
 近年、健康維持や健康寿命のためにカルシウムが再認識されています。カルシウムと言えば、骨や歯を形成する上で欠かせない栄養素・ミネラル成分です。カルシウムが不足すると骨が脆くなり、骨粗鬆症や骨折の原因となります。ところが他にもカルシウムには生命維持に直結した重要な働きがあるのです。最も重要な働きは、心臓や脳を動かすための情報伝達機能です。カルシウムは『生命の鼓動』と呼ばれるように、心臓を動かす働きがあります。母親の胎内に胎児の生命が宿ると、その体内には最初に心臓ができて鼓動を打ち始めます。胎児の心臓が動いていることは胎児が生きている証拠です。この心臓を直接動かしているのがカルシウムです。

◆心臓を動かす
 この働きを世界で初めて発見したのがリンゲルで、今から100年以上も前のことです。手術や輸液治療法で現在も使用されているリンゲル液は、弱った心臓を元気にさせる体液と同様の溶液です。当時、リンゲルは心臓をいつまでも打ち続けることができる魔法の薬はないかと研究を続けていました。心臓が徐々に弱り、やがて鼓動が止まり、死んでいく患者に悩んでいたのです。そこで、カエルの心臓を取り出して、血液と同じ塩分量の溶液で心臓を動かす実験をしました。ところが助手が実験すると心臓は規則正しく鼓動し続けるのに、リンゲルが実験すると心臓はすぐに停止してしまったのです。そこで助手に何が違ったのか尋ねると、リンゲルが蒸留水を使用したのに対して、助手は水道水を使っていたと白状しました。つまり、カルシウムを含んでいない蒸留水では心臓は止まってしまうが、カルシウムを含む水道水では心臓が動き続けたということです。この有名な実験から、心臓を動かす魔法の薬はカルシウム・ミネラル成分(電解質)であることが分かり、それがリンゲル液の発見となって、カルシウムが『生命の炎』と呼ばれるようになったのです。
 1907年、世界で初めて認知症になった51歳の女性について、アルツハイマーが高齢者に多いボケ症状としてアルツハイマー症と報告しました。当時は長生きする人が少なかったので、アルツハイマーは特殊な病気でした。ボケが始まると覚えが悪くなり、自分が誰だか分からなくなります。周囲の人や世の中の出来事・変化なども理解できなくなり、情報が寸断され、社会生活ができなくなる、これがアルツハイマー病です。脳の神経細胞は加齢と共に減少し死滅します。神経細胞にはアミロイドβと呼ばれるタンパク質が蓄積し、大脳皮質にシミのような斑点ができます。これがアルツハイマー病特有の老人斑です。また、同様に神経細胞の内側に細い線維が束になって蓄積する神経原線維変化と呼ばれる特有の病変が起きます。これらの病変が起きることで神経細胞は内から外から損傷され死滅し、脳が萎縮して発病します。カルシウム不足による骨粗鬆症はその予備軍とされています。つまり、アルツハイマー病はカルシウム欠乏の究極の姿とも言えるのです。

◆毎日摂取することが大事
 血液中のカルシウム濃度は常に一定に保たれており、このカルシウムが各細胞に情報を伝えると、脳の神経細胞に信号となって伝わり、神経ネットワークが形成されます。また、体液のカルシウムイオンは細胞の内と外で一定の濃度差を保ち、それが情報伝達のバランスをコントロールしています。ところが、カルシウムの摂取が不足すると、細胞内外の濃度差のバランスが崩れてしまいます。すると体は骨のカルシウムを溶かして血液中のカルシウム濃度を保とうとしますが、細胞内液や細胞外液のカルシウム濃度までは回復できず、細胞内液のカルシウム濃度が増加してしまいます。すると各細胞に障害(病気)が発生するのです。
 以上がカルシウムが『生命の鼓動』や『生命の炎』と呼ばれる所以です。生命維持に欠かせないカルシウムは吸収性が悪いので、吸収性の良いカルシウムを毎日摂取しないとすぐに不足してしまいます。気をつけましょう。


v191.jpg

VOL.98『微量でも重要なミネラル』 [ミネラル]

◆必須ミネラル
 ミネラルはカラダを構成する微量栄養素で、生命の維持や生命活動には欠くことができません。特にカラダに欠くことができないミネラルは必須ミネラルといい、カルシウム・マグネシウム・リン・カリウム・ナトリウム・鉄・亜鉛・マンガン・セレンなど16種類あります。これらがカラダに占める割合はわずか4%に過ぎませんが、それぞれ重要な働きをしています。なかでもカルシウムやマグネシウムは、日常の食生活で特に欠乏しやすいミネラルです。

◆カルシウムの不足、リンの過剰摂取
 高齢になるとビタミンDを活性化させる肝臓や腎臓の働きが弱まるので、カルシウムの吸収に必要なビタミンDが不足します。するとカルシウムが体内で不足しやすくなります。そこで、生命を維持するために血液中のカルシウム濃度を一定に保とうと、副甲状腺ホルモンが働きます。副甲状腺ホルモンは骨に作用し、骨を溶かして血中カルシウム濃度を維持します。この働きによって、血液中のカルシウム濃度は常に一定に保たれています。しかし、骨が溶け出る状態が長く続くと、骨は貯蔵してあるカルシウムが減少してしまうので、脆く、スカスカの状態になります。これが骨粗鬆症です。ですから日頃から十分にカルシウムを摂取することが大切なのです。
 食生活の欧米化によって高タンパク質食品の摂取が増えてきましたが、リンはそれらに多く含まれています。そこでリンの過剰摂取が問題となっています。ソーセージやハム、かまぼこなどの加工食品の食品添加物には、リン酸やポリリン酸が多く含まれます。リンの過剰摂取は骨や血管機能の障害の元となり、酸化ストレスとなって動脈硬化を促進します。酸化ストレスとは、生体内で生成する活性酸素による酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化反応が強まることで、カラダに障害を与えます。
 酸化ストレスが増加すると、脳では抗酸化機能が低下し、皮膚には老人性色素沈着いわゆるシミ(メラニン)が現れ、体内の細胞膜が硬化します。シミはカラダの不飽和脂肪酸が過酸化脂質に変わり、タンパク質とメラニンが結合することでできます。細胞膜の硬化も不飽和脂肪酸と活性酸素による老化現象で、これが動脈硬化や脳梗塞につながります。

◆健康・長寿のために
 高齢者では抗酸化機能を持つグルタチオン濃度が低下するため、細胞の老化やガン化が起こります。老化に伴って免疫システムのTリンパ球(T細胞)も機能が低下します。すると筋肉タンパク質が減少し、血液中の亜鉛濃度が低下します、亜鉛は皮膚・骨・歯などの成分に多く含まれ、生体を構成する微量ミネラル(必須元素)です。亜鉛が不足すると味覚障害や脱毛、食欲低下などの症状が起きます。これによって血液中の免疫機能に関与するインターロイキン濃度が上昇します。インターロイキンとは、細胞の増殖や分化を制御するタンパク質で、神経内分泌や免疫機能に関与します。インターロイキン濃度の上昇は、筋肉量や筋力が確実に低下することを示し、病気のリスクが高まります。
 このように、カルシウム・リン・亜鉛などのミネラル成分は、生命を維持する極めて重要な微量必須元素です。しかし、作用する範囲が狭いため、欠乏や過剰摂取では影響が出やすいようです。だからこそ、一定量を毎日続けて摂取することが、健康の維持・老化の防止・長寿に役立つのです。

vol98.JPG

VOL.95『重金属セレンの働き』 [ミネラル]

◆酸素の利用 → 活性酸素との闘い
 およそ25億年前の地球は、それまで毒であった大量の酸素で汚染されていたため、生命体は細胞内にミトコンドリアを取り込むことで、この酸素を利用して高いエネルギー産生を獲得するようになりました。そして生命体は、毒性の高い活性酸素を体内で生じさせることで進化しましたが、それは活性酸素との闘いの始まりでもありました。
 そこで生命体は、活性酸素を消去するために重金属を利用しました。特に顕著な例は植物です。植物は細胞内に、光合成を行なう葉緑素と、酸素呼吸を行なうミトコンドリアの両方を持っているせいで活性酸素の生成が動物の2倍以上となります。そのため活性酸素を消去する優れたシステムが必要となりました。そこで生命体はアスコルビン酸系とグルタチオン系の代謝回路を作り、回路の途中で効率的に活性酸素が除去されるようにしました。この代謝回路を回転させる酵素に重金属が関与しています。

◆セレンと活性酸素
 これは動物にも見られるシステムで、その中心ではセレンが活性化しています。セレンはヒトでの必須元素の一つであり、さまざまな酵素活性の中心です。自律神経をコントロールするホルモンの代謝に関与するなど、生命の維持活動に影響していて、欠乏すると心臓疾患になりやすくなります。しかしセレンは必須元素でありながら、最適な濃度範囲が極めて狭いことが特徴で、わずかな過剰摂取が重篤な事態をもたらすこともあります。
 体内に発生した活性酸素は悪いことばかりではなく、細菌やウイルスを退治する役目も持っています。カラダに傷や潰瘍ができたり、病原体の感染があったりすると、その部位で活性酸素が発生し、異物と闘うために炎症を起こします。しかし余分に発生してしまった活性酸素の一部は過酸化水素になります。この過酸化水素は人体に有害なため、赤血球に存在するセレンを含む抗酸化酵素であるグルタチオンペルオキシダーゼが分解します。この酵素は炎症が発生している時に直接働きますが、タンパク質分解酵素の作用を受けると直ちに分解されてしまいます。この時に重要な働きをするのがセレンで、グルタチオンペルオキシダーゼの活性はセレンによって増強されます。

◆サンゴミネラルで若々しく
 また、活性酸素を分解する酵素にSODがあります。SODは活性部分に微量元素である亜鉛・鉄・マンガン・セレンなどの重金属が結合することで活性が高まります。これも生命体が重金属を積極的に利用して生存し続けた結果です。
 活性酸素に対抗するためには活性酸素分解酵素SODや抗酸化酵素グルタチオンペルオキシダーゼなどセレンを含む酵素の関与が不可欠です。
 サンゴにはこれらセレンを含む重金属(微量元素)がバランスよく含まれています。サンゴのミネラルを上手に摂取してカラダをサビさせる活性酸素と闘いましょう。

V95-イラスト.jpg

ミネラル ブログトップ