So-net無料ブログ作成
検索選択

VOL.196『肝臓にも分岐鎖アミノ酸』 [体]

◆分岐鎖アミノ酸とは
 今年の夏は、リオデジャネイロ五輪で日本選手たちの活躍が際立ちましたね。一方、ロシア選手の一部はドーピング違反の問題で参加できませんでした。運動選手の中には競技に勝つために、筋肉を増強したり、敏捷性を高めるような薬物を、飲んだり注射したりする人がいます。薬物使用の有無は尿検査で薬物濃度を調べることで明確になります。
 日本人選手は、日本で開発された分岐鎖アミノ酸(BCAA:バリン・ロイシン・イソロイシン)のサプリメントを試合前や試合後に飲む人が多いそうです。分岐鎖アミノ酸は筋肉量を増やし、筋肉のエネルギー源となるアミノ酸で、肝臓を通して筋肉に運ばれ30分後に優先的に取り込まれます。分岐鎖アミノ酸のサプリメントは選手のみならず、スポーツを愛好する人々に広く浸透しており、筋力増強や筋肉疲労の改善に効果があることが証明されています。分岐鎖アミノ酸は、体内に含まれる必須アミノ酸なので副作用は全くありません。そして運動以外にも肝臓障害のある人への効果が証明されており、治療薬として使用されています。

◆治療薬として使われている
 肝臓は、横隔膜の下の腹部右上から中央にかけて位置する体内で最大の臓器です。もし肝臓に障害があり、アルコール中毒などで腫れている場合、指で押してみれば分かります。肝臓は血液中のアミノ酸濃度(アルブミン濃度)が常に一定に保たれるように、アミノ酸代謝の調節の中心的役割を果たしており、老廃物の解毒を行っていますが、機能不全に陥ると体内のアミノ酸バランスが大きく崩れ、さまざまな障害を起こします。
 肝臓は常に休むことなく働き続けるので疲労が蓄積しやすく、沈黙の臓器と呼ばれるように慢性疾患になるまで症状が現れません。そして慢性疾患になると肝細胞の壊死が進み、長期化すると肝硬変になります。肝硬変は肝細胞が壊死した細胞を修復するために硬くなり、著しく機能低下して、10〜30年経過すると多くの場合肝臓ガンに移行します。肝硬変になると血液中のアミノ酸濃度に変化が現れ、分岐鎖アミノ酸濃度が低下します。一方、肝臓で代謝されるチロシン・フェニルアラニン・トリプトファンなどの芳香族アミノ酸の濃度は増加します。肝硬変では肝臓の分岐鎖アミノ酸が分解されるので筋肉が痩せて減少します。
 このように血液中・組織中・筋肉中の分岐鎖アミノ酸が減少すると、タンパク質が生成されないので栄養状態が悪化します。例えば、食べ過ぎで肥満であっても、分岐鎖アミノ酸の摂取が少ないと、むくみ・腹部に水が溜まる・肝臓が肥大するなどの症状が出ます。つまり栄養失調で、摂取するタンパク質のアミノ酸組成が悪化することで肝硬変が起きるのです。

◆健康のために分岐鎖アミノ酸
 肝硬変が原因で意識障害を起こした患者に、分岐鎖アミノ酸を4週間投与した臨床試験では、血液中のアミノ酸バランスが改善され、体内のタンパク質量が増加しました。この結果から、分岐鎖アミノ酸が肝硬変患者のタンパク質代謝には不可欠であることが証明されました。
 また、分岐鎖アミノ酸を2週間飲むことで血液中のタンパク質濃度やアルブミン濃度が増加したケースもありました。その結果、高価なアルブミン製剤の注射の使用を抑制することができたという臨床試験の効果も報告されています。
 分岐鎖アミノ酸は筋肉量を増やし、筋肉のエネルギー源になるだけでなく、肝機能の障害にも効果が発揮されることが証明されています。日頃から健康な人や運動をしない人でも分岐鎖アミノ酸を飲み続ける習慣を身につけてはいかがでしょう。

v196 (2).jpg

VOL.195『夏の日差しから肌を守る』 [体]

◆体の中から保湿するアミノ酸
 夏になり、女性にはお肌の大敵となる太陽の光(紫外線)が一段と強くなってきました。最近は皮膚の手入れによって潤いを補うのではなく、細胞の中で自ら水分を作り出すという新しいスキンケアの試みがあります。これはALA(5−アミノレブリン酸)と呼ばれるアミノ酸の一種で、細胞内のエネルギー産生を促進し、全身の皮膚の健康に寄与するといいます。
 ALAを配合した化粧品で効果を試験したところ、10日間で肌の角質層の水分量が平均1.8倍、弾力性が3倍に上昇したといいます。数日間で肌のハリが感じられ、シワや肌のキメなども改善されるそうです。目元など皮膚が薄く、乾燥しやすい部分ほどその違いが顕著だったとのことです。
 ALAは全身の組織に存在するアミノ酸で、鉄分と結合し、ヘムと呼ばれる物質となり、細胞内のミトコンドリアでエネルギーに変換され、ともに代謝水を放出するといいます。ALAと鉄分は分子量が小さいため肌に浸透しますが、美容成分の代表であるコラーゲンやヒアルロン酸などはタンパク質で分子量が大きいため、角質層を通して表皮の最下層部に存在する基底膜、さらに深い真皮までには届きません。ALAの体内での保有量は10代後半でピークとなり、その後減少していくといいます。

◆化粧品は角質層まで
 皮膚の表面は弱酸性で守られていて、外部からの異物が入り込むことを防ぐバリア機能を持っています。一般の化粧品が皮膚から浸透するのは表皮の一部の角質層までです。角質層にある水分と油分が混ざった成分を細胞間脂質と呼びます。その中心となる成分がセラミドです。角質層は体内の水分の蒸発を防ぐ役割を担っていて、体外からの化学物質の刺激や異物の侵入を防ぐ働きがあります。化粧品に含まれる保水液(水分や電解質など分子の小さいもの)などは角質層の隙間を浸透していきますが、その内側、深部の表皮まで到達することはありません。化粧品の作用が及ぶ範囲は薬事法で角質層までと決まっており、浸透は角質層に限られています。また、タンパク質成分を含んでいる化粧品は分子量が大きいので角質層まで浸透することはできません。
 アミノ酸が2個以上結合しているものをタンパク質といいます。例えばヒアルロン酸はタンパク質なので角質層まで浸透することはできませんが、水分を取り込む能力が高いので保湿効果はあります。化粧品を落としてくれる洗顔料やクレンジング剤には界面活性剤が含まれており、肌の油分や水分を溶かして同時に落としてしまいます。界面活性剤は油分であるセラミドも剥がしてしまうので、肌の乾燥が進みます。保湿剤にも界面活性剤を含むものがあり、肌の保水力は低下します。

◆直射日光を避けて肌を健康に
 薬用化粧品というのは医薬部外品のことで、こちらは薬事法で認定されていますが、ある程度の副作用も許されています。化粧品は薬事法によって医薬品のような効果を宣伝することができません。また医薬品のような効果や効能は期待できませんが、その分副作用もありません。副作用が認められる化粧品は薬事法違反となります。
 スキンケア化粧品で日焼け止め化粧品には紫外線をカットして肌の白さを保つという機能と、保湿化粧品で肌の湿度を保つ働きがあります。これらはどちらも自身の本来の状態を保ち、皮膚の細胞の健康を保つための化粧品と言えます。とはいえ、夏の日差しが強い時にはなるべく直射日光を浴びないに越したことはないようです。

VOL195.jpg

VOL.194『ロコモと熱中症を予防してこの夏を健康に』 [健康]

◆ロコモにならない!
 食生活の変化はさまざまな健康問題を引き起こしており、栄養バランスが崩れたり、ダイエットによる栄養失調が拡大しています。高齢者においては筋肉量の低下によるロコモティブシンドローム(ロコモ)が老化を加速させているといいます。
 高齢化する日本では、筋肉量を高めることがロコモの予防に欠かせません。筋肉は健康な生活を維持する上で運動器の役割を果たします。安静時の代謝は30%を筋肉が担っています。筋肉量は20代をピークに徐々に低下し、60代を過ぎる頃から急激に低下します。筋肉量の低下が老化も速め、生活習慣病の発症リスクを高めます。
 日本人は一般的に、朝食は軽めでタンパク質より糖質を中心に摂っています。朝食時に肉類などのタンパク質を摂るのは胃の負担になるという人は、肉類を少量にして魚類や大豆などのタンパク質を加えることをお勧めします。
 筋肉は筋タンパク質の合成と分解のバランスによって維持されています。食物からのタンパク質は消化され、アミノ酸に分解されて吸収されます。タンパク質を効果的に摂取することで筋タンパク質の合成が促進され、筋肉量が維持されます。筋肉量を増やし、合成するには必須アミノ酸の中でも特に、分岐鎖アミノ酸と呼ばれるロイシン・バリン・イソロイシンが中心的な役割を果たします。分岐鎖アミノ酸を摂取することで血液中のアルブミン濃度が高まるので、筋肉の合成効果が進みます。血液中のアルブミン濃度が高い値で維持されると健康体を維持できます。筋肉量を増やすには運動をするのが一般的です。筋肉トレーニングは若い人には有効ですが、高齢者では散歩程度の適度な運動で十分で、激しい運動は、骨折したり心臓に負担がかかるなど、むしろ逆効果になりかねません。ミネラル成分を豊富に含む水や分岐鎖アミノ酸(サプリメント)を摂りながらの適度な運動が効果的です。つまり、運動と栄養素の摂取を組合せることで筋タンパク質が摂取できるのです。

◆熱中症にならない!
 最近は室内でも熱中症対策が必要となっています。熱中症は体内の水分や塩分量のバランスが崩れ、体温調節が働かなくなる状態で、大量の発汗・筋肉痛・吐き気・倦怠感が現れます。高齢者はすぐに脱水状態となり、元気がなくなって、トイレに行く回数が増えます。この症状が現れたら200〜400mlの水を飲みましょう。脱水症に気づくポイントは体重です。1週間で1〜2kg(4%)以上の体重減少があれば脱水症の可能性があります。汗がかけなくなって、体温が上昇するなど症状が強くなったら病院に行きましょう。
 水分を補充する場合、体内に水分やミネラル成分(電解質)が速やかに取り込まれることが望ましいので小腸から吸収されやすい成分、つまり、吸収性に優れたナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムなどミネラル成分が含まれていることが大切です。加えて、体内に水分として保持され、すぐに尿中へ排泄されない水でなければいけません。水分保存効果のある水が脱水症対策には優れており、効果を発揮できるのです。
 電解質バランスの優れた水とは、水に溶けた微量元素でイオン化しているので、電気伝導率が高いほど電気がよく流れます。つまり、電気伝導率が高い水は小腸からの吸収性に優れており、水分保持効率が高い水なのです。このような水をこまめに飲むことで熱中症を予防できます。サンゴカルシウムが溶けた水は電気伝導率が12660μS/cmであり、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれているので、小腸からの吸収性が最も高い水です。

◆健康に夏を過ごしましょう
 ロコモ予防のためにカルシウムを摂って骨密度を上げ、分岐鎖アミノ酸で筋肉量を増やし、こまめにミネラル成分豊富な水分を摂取することで熱中症対策をする、昼間の暑い時間は室内で休養し、朝と夜の涼しい時間には散歩をするなどの生活習慣で、熱中症や老化を防ぎ、健康に夏を乗り切りましょう。

v194.jpg