So-net無料ブログ作成

VOL.193『長寿遺伝子を働かせましょう』 [長寿]

◆長寿遺伝子とは
 日本は世界に先駆けて長寿国となり、100歳以上の長寿者は5万人を超えました。2003年、アメリカ・マサチューセッツ大学で酵母の長寿遺伝子が発見され、全てのヒトにもこの長寿遺伝子があることが分かりました。この長寿遺伝子は、若い頃には働く必要がないので細胞の中で休んでおり、50歳以上になると働き出します。100歳以上の長寿者はこの長寿遺伝子が働いたのです。
 ヒトが活動する時にはエネルギーが産生されますが、同時に2〜3%の活性酸素が産生され、細胞内の遺伝子を傷つけます。細胞は分裂するごとに傷ついた遺伝子によって障害されます。つまり、老化は遺伝子の傷が原因で起こり、肉体の変化として現れます。活性酸素が引き起こす細胞の傷から遺伝子を守るのが長寿遺伝子で、老化の速度を遅らせる働きがあります。そして長寿遺伝子の働きには個人差があります。

◆飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸
 ヒトのエネルギー源の中心となるのが糖質です。若い頃は基礎代謝が大きいので、糖質を過剰に摂取しても肥満になりにくく、糖質を制限するとエネルギー不足となります。40〜50代からは糖質を過剰に摂取すると基礎代謝が低下しているので肥満になり、長寿遺伝子が働きません。
 長寿遺伝子を働かせるには糖質を制限することであり、これが肥満や糖尿病を防ぐ要因となります。糖質を制限するだけでは栄養バランスが乱れるので、肉類や魚介類、豆類などのタンパク質を摂取しましょう。肉類は毎日もしくは週に2〜3回摂取し、同時に野菜の食物繊維を摂りましょう。肉類は飽和脂肪酸が多いので、血液中の悪玉コレステロールや活性酸素が増加しますが、一緒に野菜や果物、豆類や海藻類を食べると腸内バランスを整います。
 50歳前後から男女ともに更年期障害になります。女性は女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって男性よりも症状が明確で、倦怠感・不安感・集中力の低下などが起きます。男性も男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少し、性欲や性機能・筋肉量が低下します。飽和脂肪酸は常温で固まりますが、不飽和脂肪酸は常温でも固まりません。常温で液体状のものを油、固体状のものを脂肪といい、両者をまとめて油脂といいます。飽和脂肪酸は牛・豚・鶏の肉類や牛乳・卵・バターなどの乳製品で、ヒトの体内では固まりやすいので血液をドロドロにします。不飽和脂肪酸は魚介類や野菜に含まれる油で体内でも固まらず血液はサラサラな状態で流れます。
 不飽和脂肪酸は脳の細胞膜、神経細胞やシナプスの細胞膜に欠かせない材料です。特に、50歳以上の認知症予防に有効な不飽和脂肪酸であるDHAやEPAは青魚に多く含まれています。週に3回以上の頻度で魚を食べる人は認知症になる確率が低いという調査結果もあります。

◆健康で長生きを
 50歳以上になると、肥満解消のために急に運動を始める人が増えます。運動は男性ホルモンの分泌に役立ち筋肉量を増やしますが、活性酸素の発生量も増やします。激しい有酸素運動やマラソンは、肉体(筋肉)を鍛えるのには良いですが、老化も早めます。過度の負担をカラダにかけると、活性酸素の発生量が増し、長寿遺伝子が働かないので、老化が進みます。
 50歳を過ぎたら、カラダを冷やさないように温泉やお風呂で体を温め(ヒートショックプロテイン)、深呼吸で新鮮な空気を吸い込み、ミネラル成分を豊富に含む水をたっぷり飲みましょう。また、腸内フローラの働きを高める食物繊維を十分に摂取しましょう。腸の蠕動運動を活発にすると長寿遺伝子が働き出します。長寿遺伝子を働かせ、いつまでも健康で長生きしましょう。

v193.jpg

VOL.192『水は天然の健康飲料です』 [水]

◆クリプトスポリジウム
 梅雨から夏の時期には、雑菌の繁殖が活発になるため、水道水に含まれる塩素の量が増えます。1996年、埼玉県で水道水中のクリプトスポリジウム(原虫)による集団下痢症が発生しました。クリプトスポリジウムは1976年アメリカで初めて報告されて以来、世界各地で報告があります。水道水に混入する原虫はクリプトスポリジウム以外にもランブル鞭毛虫やサイクロスポーラ原虫などがあり、集団下痢症を発生させています。これらの原虫は塩素に対して強い耐性があるため通常の塩素消毒では駆除できません。

◆トリハロメタン
 また、水道水には発ガン性が疑われるトリハロメタンやトリクロロエチレンなどが含まれているためそれらを規制した水質基準があります。トリハロメタンは体内に入ると中枢神経系や肝臓、腎臓に障害を与え、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などを悪化させます。摂取量が増えれば集中力の低下や疲労感、イライラなど精神的な不調症状が現れます。妊婦では流産の危険性も増します。
 トリハロメタンは塩素と有機物の化学結合で作られます。水道水を沸騰させると塩素との化学結合が進み、トリハロメタンの発生量が増えます。含有量が最大となるのは沸騰直後で通常の2〜3倍となります。トリハロメタンを完全に除去するには15〜30分間沸騰させ続けることが必要です。塩素は体内に入ると活性酸素が発生します。水道水を沸騰させると塩素は蒸発し、殺菌効果がなくなりますが、病原微生物も死滅します。しかし、トリハロメタンは増えてしまします。

◆白湯・純水
 水道水やミネラルウォーターを沸騰させ、さました白湯(さゆ)を飲むという健康法があります。これらの水は健康作用を失います。水には多くの酸素が含まれています。酸素を多く含む水には体内環境を整える作用があります。また、多くのスーパーなどで水道水から不純物を取り除いた純水を無料で提供し、飲用や料理に使うよう奨励しています。これら純水や白湯は、健康上良質な水とは言えません。通常、水には不純物が含まれているので溶解度が高く、人体に取り込まれるとさまざまな酵素やミネラル成分を溶かすので細胞に吸収されやすいのです。白湯や純水による健康法はデトックス効果があると言いますが生水にも老廃物を排出する作用があります。わざわざ沸騰させて水分中の酸素をなくす必要はなく、逆に健康を害するかもしれません。
 健康な人の体液は弱アルカリ性です。ストレスがかかり、疲労してくると体内は酸性の方向に傾きますが、体内環境を素早く戻すのが弱アルカリ性の水です。ミネラル成分を含んだ水は弱アルカリ性で活性酸素を抑制させるとして知られています。酸素を含み、カルシウムをはじめとするミネラル成分を豊富に含む水が良質で健康増進に優れた水と言えるのです。

◆水は元気の素
 日本の水道水は軟水で、カルシウムやマグネシウム量の少ない水です。ヒトのカラダは、幼児で体重の80%、成人で60%、老人でも50%、平均して60〜70%が水分です。体内の水が栄養素や老廃物を運搬し、体温を調節し生命を維持しています。毎朝、起き抜けにコップ1杯の水を飲むと、一時的に副交感神経を興奮させ、胃腸の動きを活発にします。血液やリンパの流れも良くなり、老廃物を排出します。水はまさに天然の健康飲料であり、健康を維持する力を引き出してくれます。つまり、毎日の水は元気の素なのです。酸素を多く含み、カルシウムをはじめとするミネラル豊富な命の水を飲み続けましょう。

v192.jpg