So-net無料ブログ作成

VOL.191『生命の鼓動』『生命の炎』カルシウム [ミネラル]

◆カルシウムの働き
 近年、健康維持や健康寿命のためにカルシウムが再認識されています。カルシウムと言えば、骨や歯を形成する上で欠かせない栄養素・ミネラル成分です。カルシウムが不足すると骨が脆くなり、骨粗鬆症や骨折の原因となります。ところが他にもカルシウムには生命維持に直結した重要な働きがあるのです。最も重要な働きは、心臓や脳を動かすための情報伝達機能です。カルシウムは『生命の鼓動』と呼ばれるように、心臓を動かす働きがあります。母親の胎内に胎児の生命が宿ると、その体内には最初に心臓ができて鼓動を打ち始めます。胎児の心臓が動いていることは胎児が生きている証拠です。この心臓を直接動かしているのがカルシウムです。

◆心臓を動かす
 この働きを世界で初めて発見したのがリンゲルで、今から100年以上も前のことです。手術や輸液治療法で現在も使用されているリンゲル液は、弱った心臓を元気にさせる体液と同様の溶液です。当時、リンゲルは心臓をいつまでも打ち続けることができる魔法の薬はないかと研究を続けていました。心臓が徐々に弱り、やがて鼓動が止まり、死んでいく患者に悩んでいたのです。そこで、カエルの心臓を取り出して、血液と同じ塩分量の溶液で心臓を動かす実験をしました。ところが助手が実験すると心臓は規則正しく鼓動し続けるのに、リンゲルが実験すると心臓はすぐに停止してしまったのです。そこで助手に何が違ったのか尋ねると、リンゲルが蒸留水を使用したのに対して、助手は水道水を使っていたと白状しました。つまり、カルシウムを含んでいない蒸留水では心臓は止まってしまうが、カルシウムを含む水道水では心臓が動き続けたということです。この有名な実験から、心臓を動かす魔法の薬はカルシウム・ミネラル成分(電解質)であることが分かり、それがリンゲル液の発見となって、カルシウムが『生命の炎』と呼ばれるようになったのです。
 1907年、世界で初めて認知症になった51歳の女性について、アルツハイマーが高齢者に多いボケ症状としてアルツハイマー症と報告しました。当時は長生きする人が少なかったので、アルツハイマーは特殊な病気でした。ボケが始まると覚えが悪くなり、自分が誰だか分からなくなります。周囲の人や世の中の出来事・変化なども理解できなくなり、情報が寸断され、社会生活ができなくなる、これがアルツハイマー病です。脳の神経細胞は加齢と共に減少し死滅します。神経細胞にはアミロイドβと呼ばれるタンパク質が蓄積し、大脳皮質にシミのような斑点ができます。これがアルツハイマー病特有の老人斑です。また、同様に神経細胞の内側に細い線維が束になって蓄積する神経原線維変化と呼ばれる特有の病変が起きます。これらの病変が起きることで神経細胞は内から外から損傷され死滅し、脳が萎縮して発病します。カルシウム不足による骨粗鬆症はその予備軍とされています。つまり、アルツハイマー病はカルシウム欠乏の究極の姿とも言えるのです。

◆毎日摂取することが大事
 血液中のカルシウム濃度は常に一定に保たれており、このカルシウムが各細胞に情報を伝えると、脳の神経細胞に信号となって伝わり、神経ネットワークが形成されます。また、体液のカルシウムイオンは細胞の内と外で一定の濃度差を保ち、それが情報伝達のバランスをコントロールしています。ところが、カルシウムの摂取が不足すると、細胞内外の濃度差のバランスが崩れてしまいます。すると体は骨のカルシウムを溶かして血液中のカルシウム濃度を保とうとしますが、細胞内液や細胞外液のカルシウム濃度までは回復できず、細胞内液のカルシウム濃度が増加してしまいます。すると各細胞に障害(病気)が発生するのです。
 以上がカルシウムが『生命の鼓動』や『生命の炎』と呼ばれる所以です。生命維持に欠かせないカルシウムは吸収性が悪いので、吸収性の良いカルシウムを毎日摂取しないとすぐに不足してしまいます。気をつけましょう。


v191.jpg

VOL.190『健康寿命を延ばし天寿を全うしましょう』 [長寿]

◆『養生訓』
 健康に関する指南書として、江戸時代に貝原益軒によって書かれた『養生訓』が有名です。同時代に活躍した松尾芭蕉は翁(おきな)と呼ばれ、長生きしたと言われていますが50歳ほどで亡くなっており、当時は50歳が自他共に老人と認める時代であったことが分かります。
 養生訓には、人間の体は天地や父母の恵みを受けて生まれ、謹んでよく養って天寿を保つべきであると書かれています。人間の体は100年を期限とし、上寿は100歳、中寿は80歳、下寿は60歳で、60歳以上は長生きとされます。貝原益軒本人は85歳の長寿で亡くなっています。

◆目指せセンテナリアン
 今日、日本では人生90年時代を迎えようとしています。果たして人間は何歳まで生きられるか?限界寿命には遺伝子レベルも含めて様々な説がありますが、だいたい120歳ぐらいとされています。長寿の記録では、かの有名なオールド・パーが150歳まで生きたという話がありますが、これは伝説的なもののようです。実際にはフランス人女性のジャンヌ・カルマンさんが、122歳で1997年に亡くなった記録がギネスブックに登録されています。日本では鹿児島県徳之島の泉重千代さんが1986年に120歳で亡くなったとされていますが、誕生当時の戸籍制度があいまいだったため、生年の確認はできないそうです。中国では秦の始皇帝が不老不死の仙薬を求め、仙薬によって逆に死期を早めたといいます。不老不死の仙薬などなかったのです。
 100年を生き抜いた人たちを「センテナリアン」と呼びますが、近年日本ではセンテナリアンが5万人を超す集団となっています。これらの長寿者から天寿を全うするための条件を調べると、小柄な人が多く、常に平均体重を維持し、体重の変動は少ない。小柄で基礎エネルギー代謝が少ないことから、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞などのリスクが低いのです。100歳以上で有名になった双子の姉妹キンさんとギンさんの脳を調べたところ、動脈硬化が少なかった記録があります。100歳以上の長寿者は、生活習慣や食習慣が規則正しく、多種類の野菜を摂り、魚もよく食べています。歯がほとんどなくても刺身などの柔らかい食品、様々な食品を偏りなく食べています。多くは仕事好きで、畑仕事などに精を出し、高齢になっても仕事に情熱を持ち続け、明るくよく笑い、前向き思考で、活動的、意欲的、積極的な人たちです。逆境においても順応性が高いのが特徴的で粘り強さがあります。社交性に富み好奇心旺盛で、興味を持つと深く突き詰める性格で、ストレスに強い、これが知的能力を刺激し衰えを感じさせません。

◆天寿を全うするために
 天寿を左右するものには遺伝的要因と環境的要因がありますが、近年、長寿遺伝子が注目され、研究が進んでいます。一般的に若い頃は命などには無頓着なもので、加齢とともに気になってくるのです。命の重さや大切さに気づく頃には命の先が見え、危ぶまれる状況が進行していることもあります。若いからといって毎日の生活習慣が乱れていれば、カラダの遺伝子に記録され個人の性格として蓄積します。大人や高齢になって気づいても回復はできないのです。ヒトは生まれる時には平等に命を手に入れ、100歳の天寿が全うできるように遺伝子に組み込まれます。しかし、生活習慣の中でそれが徐々に障害されていき、病気や事故によって寿命が終了します。それぞれの人に原因があり、天寿への道は自分で創るものであると養生訓は教えています。400年前の教えに従い、ミネラル豊富で栄養バランスの良い食物を摂り、良い水を飲んで100歳長寿を全うしましょう。

v190.jpg