So-net無料ブログ作成
検索選択

VOL.189『トコジラミ・マダニに要注意』 [健康]

◆トコジラミ
 近年、再興性衛生害虫と呼ばれるトコジラミ(ナンキンムシ)が引き起こす刺咬害が増えています。トコジラミは1940年代に殺虫剤(DDT)が普及し、全国的に駆除されたため、日本ではほとんど見られなくなり、感染症の報告もありませんでした。ところが、10数年前から急にこの虫に刺されて皮膚科を受診する人が増えだしたのです。トコジラミが再び増加した理由は海外からの渡航者の増加と見られています。海外から日本に来る人の手荷物とともに持ち込まれ、自宅に持ち帰ってしまうのです。
 トコジラミは、カジリムシ科に属するアタマジラミやコロモジラミ・ケジラミなどと混同されがちですが、カメムシ目(セミ・アメンボウ・カメムシ)の仲間で翅(はね)が退化し飛べない昆虫です。トコジラミの名前の由来は、寝床に居るシラミという英語名のbed bug(ベッド虫)です。昼間は暗くて狭いベッドやソファー・畳・絨毯などの隙間や裏側に潜んでおり、暗くなると這い出してきて人の呼気に含まれる二酸化炭素を感知し、就寝中のヒトに咬みついて吸血します。一度に大量の血液を吸うため、吸血時間は10〜20分と長く、虫体内は血液で満たされ、赤色でパンパンになります。初めて刺された時は痒みもそれほどなく、皮疹も現れないので気にしないことが多いのですが、刺される回数が増えるとアレルギー症状を発症して赤い皮疹となり、激しい痒みが生じるようになります。特に、若い女性は皮膚が柔らかい脇の下や腕・お腹などを刺されやすくなります。以前使われていた殺虫剤DDTは安全性に問題から使用や製造が中止されましたが、現在ある殺虫剤は効き目が弱い上に薬剤抵抗性のトコジラミが登場したことも増加の原因になっています。

◆マダニ
 国立感染症研究所によれば、昆虫やマダニなどの節足動物が媒介する感染症は、春から夏にかけて増加するとのことです。日本紅斑熱は細菌よりも小さなリケッチアを保有するマダニに刺されることで感染します。38〜39℃の高熱・頭痛・発疹などの症状が出ます。抗生物質で治療できますが、四肢の末端が壊死して肢の切断や、多臓器不全に至ることもあります。2000年以降は毎年100人の割合で増加しています。マダニは哺乳動物に刺咬して吸血し、動物からヒトへ感染します。海外からの渡航者によって持ち込まれることから、輸入感染症とも呼ばれます。
 マダニに刺咬されると2〜8日後に頭痛・全身倦怠・高熱の症状が出て、同時に手足に紅斑が発症します。病原体となるリケッチアはヒトの細胞内で増殖するので診断には抗体検査が必要となります。リンパ節の腫脹はありませんが、白血球が減少したり、肝機能の異常、DIC(藩種性血管内凝固症候群)で出血傾向となると重症化します。
 日本紅斑熱は紅斑熱リケッチアとも呼ばれ、ダニ媒介性疾患です。マダニは温暖な地域に生息し、夏をピークに増殖します。一生を通じて1〜3回哺乳動物やヒトから吸血し、幼虫から若虫、成虫へと脱皮を繰り返して、交尾と産卵を行います。親ダニから卵へ垂直感染するため幼虫でも有害なマダニとなります。

◆帰宅後は要確認!
 最近、日本への渡航者が急増し、荷物とともに再興性衛生害虫であるトコジラミやマダニが入り込んでいます。知らないうちに持ち込まれることが多いので、帰宅後には十分に荷物や洋服などへの付着の有無を確認し、体に刺された跡があれば直ちに専門医の診断を受けましょう。

VOL189.jpg

VOL.188『リンゴ病が増加しています』 [健康]

◆リンゴ病とは
 近年、子供の両頬が発疹で赤くなる通称『リンゴ病』(伝染性紅斑)が増えています。この感染症は5〜9歳の子供に最も多く発症しますが、大人もかかる病気です。原因はパルポウイルス科エリスロウイルス属のB19ウイルス(ヒトパルポウイルス)で赤血球の膜表面の受容体(レセプター)に感染し、増殖します。10〜20日の潜伏期間を経て、リンゴのように頬が赤くなります。発疹はいったん消えた後再び発現します。成人では紅斑を認めないことが多く、手足の発疹や全身の倦怠感、関節炎の症状がでます。妊婦が感染すると胎児にも感染し、重度の貧血、胎児死亡、流産、早産、体内水腫などを起こします。このウイルスは春から夏にかけて増殖する傾向にあるので今の時期は注意が必要です。

◆今年は大流行の恐れ
 リンゴ病は、感染した人の咳やくしゃみのしぶきに含まれるウイルスを吸い込んだり、ウイルスが付着した手で口や鼻を触ったりして、ウイルスが体内に侵入すると、発熱やだるさなど、インフルエンザに似た症状がでます。続いて特徴的な赤い発疹が出ますがその頃には感染する恐れはなくなります。国立感染症研究所では4〜6年周期で流行があり、2015年は10万人の報告があり、1999年以降で最多となりました。今年は3月上旬の時点で
すでに高い水準にあり、さらなる流行が懸念されています。例年の流行は6〜7月で、気温の上昇に伴って増えることが予測されます。
 9歳以下の子供に多く見られる感染症ですが、大人での実態はよく分かっていません。大人の場合、症状が出ないこともある一方、激しい関節痛(疼痛)が数週間以上持続する場合があり、重症化する恐れもあります。2015年に大流行した京都では、大人の感染者が多く、その症状は、朝の起床時に手指が曲がらないほどむくみを感じ、その数時間後には手首や足首に痛みが走り、立って歩けないほどとなり、ハサミや包丁も握れず、家事ができなくなる。車の運転も無理になり、室内で寝ているしかなくなる。加えて、関節の痛みから関節リウマチかと思い、心配になってインターネットで調べても分からず、専門病院に入院し、数日後に抗体検査からリンゴ病だと分かるなどという例が多数ありました。リンゴ病は大人がかかる病気と思っていない人が多く、頬に発疹も出ないことから、そのうち治ると思っているうちに家族に感染させてしまうこともあるようです。
 リンゴ病には特別な治療法がないため、厚生労働省では妊婦向けにパンフレットを作成して注意を呼びかけています。医療関係者の間でも大人のリンゴ病への認知度は低いので、リンゴ病と診断確認されるまで数週間かかることもあります。原因ウイルスは20nm(1nmは10億分の1m)と極めて小さく、ヒトのみに感染するウイルスです。リンゴ病に感染すると、赤血球の寿命が急激に短くなり、溶血性貧血など悪性の血液疾患を起こしたり、急性の重症の貧血症状を起こすこともあります。また、リンゴ病だけでなく、他の疾患にかかることもあります。しかし、ウイルス検査に健康保険が適用されるのは妊婦のみとなります。

◆大人は要注意
 夏に向かって暑くなる時期に、インフルエンザや風疹に似た症状が出た場合には、早めに病院を受診しましょう。子供はリンゴのように赤い頬になるので直ちに小児科で治療すれば重症化しません。重症化が心配されるのは大人で、激しい関節痛を伴う恐ろしい感染症です。また、妊婦や妊娠が確認できない初期は流産や早産の恐れがあるので十分な注意が必要です。
 最近は海外からの渡航者が多く、未知のウイルスが持ち込まれるケースが増えています。帰宅後には必ず手洗い・うがいを励行し、マスクの使用などの習慣を身につけましょう。

v188.jpg