So-net無料ブログ作成

VOL.187『ロコモ時代の分岐鎖アミノ酸の働き』 [体]

◆タンパク質の働き
 高齢化が進む今日、筋肉の減少によるロコモティブシンドロームによって、骨が脆くなり骨折するという老化現象が問題になっています。その筋肉を作る栄養素がタンパク質です。
 DNA(デオキシリボ核酸)は遺伝子の本体であり、そこにはタンパク質を作るための設計図が書き込まれています。タンパク質は3〜4万個程度のアミノ酸からなり、20種類ほどのアミノ酸が鎖のように連結した構造になっています。タンパク質の働きの主要なものに酵素があり、体内の基礎代謝の反応を進めます。酵素は生命の維持を基本とし、食物の消化・エネルギーの供給・情報の伝達などの働きがあります。

◆分岐鎖アミノ酸とは
 人間のカラダの20%はタンパク質でできています。カラダを構成する筋肉・皮膚・毛髪・爪・骨・内臓・血管、さらに血液や酵素、ホルモンなどもタンパク質からできているのです。また、免疫と呼ばれる防御機構にもタンパク質が関与しています。外界から病原体が侵入した際、例えば、ウイルスの場合、ウイルスが持つタンパク質(抗原)に対して特異的に結合する抗体(免疫グロブリン)ができます。これもタンパク質です。
 タンパク質は20種類のアミノ酸が数百から数万個連結してできており、命の素とも呼ばれます。アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられ、体内で作ることのできない必須アミノ酸は9種類で、そのうちの分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれるバリン・ロイシン・イソロイシンは生命維持に最も重要で、スポーツには欠かせない栄養素です。
 この必須アミノ酸は食事やサプリメントから摂取することが必要であり、特にスポーツに取り組む人には欠かせない常識となっています。近年、栄養化学の分野では筋肉増強や体力増進には体内で筋肉を作る材料となるBCAAが注目されています。
 筋肉は一時的に激しい運動などで破壊されると、筋繊維の修復・回復回路にアミノ酸、特にBCAAが使われます。筋肉回復のピークは運動後30分〜2時間まででその際にBCAAが吸収され使われます。アミノ酸が吸収されるまでにかかる時間を考慮すると、なるべく早い時間の摂取が有効です。同時にアミノ酸は体内で必要に応じて糖を作る役割があり、その糖が脳の働きを活性化し、維持します。運動を持続できれば筋力がアップし、その結果、基礎代謝が上がるのでダイエット(肥満防止)にも効果的です。加えて、筋肉の疲労軽減や
回復にも役立ちます。

◆さまざまな可能性
 運動時以外にも、常時BCAAを摂取しておくことで、筋肉や体内に十分量のアミノ酸をプールすることができ、分解を抑制できます。BCAAを持続的に摂取すると体内でのタンパク質合成が促進します。これは運動後の筋肉痛を軽減するばかりでなく、睡眠中のこむら返り(足がつる)にも有効です。
 運動量と筋肉痛との関係とBCAA投与の有効性の研究では、運動習慣のない人に運動15分前にBCAAを摂取させ、20回のスクワットを7セット繰り返してもらって翌日以降の筋肉痛を調べた結果、筋肉痛が軽減する結果が出ました。BCAAは運動前に摂取することで筋肉の回復を助け、疲労回復を早めることが分かりました。
 アミノ酸はカラダを作る材料であり、病気を回復させる栄養素です。アミノ酸は免疫力の向上、集中力の向上、消化器系の機能向上、美肌効果、睡眠・アルコール代謝の向上を助けます。夏バテ防止や健康増進、老化防止にも効果があるといいます。最近の研究によってBCAAの作用が種々に渡って明らかにされており、今後の研究に期待が持たれます。

v187.jpg

VOL.186『脳の発達は胎生期から始まっている』 [生命]

◆妊娠検査の進歩
 最近は妊娠検査の際に、3Dや4D機能付きの胎児超音波検査によって胎児の顔や全身の姿を確認することができるようになっています。3D胎児超音波検査は胎児の姿を立体的に映し出し、4Dでは胎児の動く様子や心臓の動きまで撮影できます。これによって胎内の赤ちゃんの表情を感じとることができ、胎児に異常があれば見つけることもできます。
 妊娠検診では、腹部に機器を当てて手元のモニターを確認しながら、胎児の心臓や脳の構造、胎盤の位置などに異常がないか確認します。機器には画像を肌色にする機能があり、立ち会った家族も胎児の姿をリアルに感じられます。
 胎児超音波検査は妊娠初期には妊娠週数や胎児の染色体異常の確率などが解り、妊娠中期では胎児の形態異常の有無や、羊水量などを確認できます。
 かつては画像が不鮮明だったために誤診もありましたが、今では心臓内部の細かい構造まで確認できるほど分析精度が上がり、見分けられる異常の種類が増したため、産後の治療計画も立てやすくなってメリットは極めて大きいと言えます。検査によって異常が発見されれば、その結果を受け止める覚悟や正しい知識を前もって持つことができるので、妊婦の心配も少し緩和されます。

◆超音波検査には不安も
 超音波検査は1970年代から普及し始め、1990年代には全国に広がり、妊娠検診への公費負担の拡充なども背景となって一気に拡大しました。しかし、超音波検査が胎児の脳に与える影響など不明な点も多いことから、欧米では2〜3回程度が一般的で、必要最低限に止めることが推奨されています。妊娠後期は胎児の脳の神経細胞が急激に増加する時期で、無理に脳の超音波検査をする必要がありません。胎児は体内で順調に発育し、無事に完成すればその後は胎動で感じることができ、愛着も深まります。日本では高齢出産が増加する傾向にあり、それに伴って胎児の心臓などに異常が増す確率が高まっています。超音波検査は早く知ることで対応できるメリットもありますが、胎児の脳に障害を起こす可能性もあります。

◆男児は単純で自尊心が強い
 男児の子育てにおいて、すぐに乱暴したり、理由もなく暴れたり、走り回ったりするようになる3歳頃からの行動パターンが読めず、理解できない母親が多いそうです。少子化によって、男の兄弟がいなかったり、安全重視で過保護に育ったことが影響しているのか、母親には男性である息子が同性である娘に比べて遠い存在で、理解できないのです。一方、父親は同性なので男児の行動に悩むことはあまりありません。男児が母親を困らせるのは、好きな女の子の関心を引きたくて意地悪するのに似ていると父親の方は判断しています。男児は女児に比べて言葉の発達がゆっくりで、言葉よりも行動が先に出てしまうため、うまく気持ちを伝えられないもどかしさから手が出るなど、理解し難い行動をとるようです。そこで、母親が叱ると、男児は人前で怒られることを恥と感じるため、ますます話を聞かなくなります。男児は単純で自尊心が強いので、母親は優しく接すると良いようです。
 男児は胎生16〜20週目に精巣から大量のアンドロゲン(男性ホルモン)が分泌されます。これが男性脳を作って、運動機能が発達し、行動力が高まります。アンドロゲンシャワーの量が多いほど運動能力が高くなります。妊娠後期の脳の発達は、将来の人間形成に最も重要です。男と女は発生学的にも子供、いや胎児の時からすでに異なっているのです。


v186.jpg