So-net無料ブログ作成
検索選択

VOL.185『ケトジェニック体質で肥満予防』 [体]

◆飢餓から肥満へ
 人類の歴史は、ほとんどが飢餓との闘いの日々でした。それゆえ、子孫を残し繁栄するために食物を豊富に摂取し、肉体的に豊満な女性、美と愛の女神ヴィーナスが人々の理想の女性像だったのです。
 今日、日本では唐揚げや焼き鳥・焼肉・ラーメン・乳製品・ケーキ・アイスクリームなどの高脂肪・高糖質の食品が食卓にのぼり、間食や夜食ではファーストフードやスナック菓子、アルコール飲料を毎日のように摂っています。しかも、早食いでほとんど運動をしない生活を続けていれば、肥満体質を受け継いでいなくても高い確率で肥満になります。特に日本人は、欧米人より飢餓の時代が長かったため30%の人が肥満遺伝子を持っていて太りやすいのだそうです。

◆ケトン体が脂肪をエネルギーに
 2008年、厚生労働省はBMI(体格指数)で25以上を肥満とし、日本人の28.6%が太っていると診断しました。しかし、WHO(世界保健機関)の基準はBMIが30以上を肥満としており、世界基準での肥満は3.4%とむしろ痩せているといえます。ところが日本人は糖尿病になりやすいのです。つまり、日本人は欧米人に比べて肥満を原因とする生活習慣病になりやすいため、このような基準となったのです。
 日本人の血液中に存在するブドウ糖(血糖)のほとんどが米・パン・うどん・そばなどの炭水化物からできています。食物は消化吸収され血糖となって細胞に運ばれ、細胞内のミトコンドリアでエネルギー源として産生されて脳や筋肉そして各臓器に供給されます。余った血糖のブドウ糖は、肝臓や筋肉内にグリコーゲンとして貯蔵され、いざという時に分解されてエネルギーとして供給されます。この仕組みを解糖系エネルギー回路といいます。
 食事で摂取したブドウ糖のエネルギーは3〜4時間で消費されます。肝臓に蓄えられたグリコーゲンも12〜13時間で消費されます。すると肝臓では筋肉内のアミノ酸(タンパク質)や中性脂肪を分解してブドウ糖を合成します。これがエネルギー回路の糖新生で、極端な絶食時に限り生命維持のために使用されます。そのような状況になる前に動き出す糖新生があり、これが中性脂肪から分解された遊離脂肪酸で、血液中から肝臓に運ばれケトン体と呼ばれる物質に合成され、エネルギー源として体内に供給されます。これが『ケトン体回路』と呼ばれるエネルギー生産回路であり、ヒトは飢餓時代にこのケトン体回路で生命を維持しました。

◆ケトジェニック体質になろう
 肥満を予防するには糖質を制限することです。糖質を制限すると、ケトン体がブドウ糖の代わりに脂肪を体のエネルギー源に変えてくれるからです。ケトン体が増えれば脂肪が燃焼し、血糖値が下がります。ケトン体研究は近年急速に進み、ケトン体食が肥満はもちろん、糖尿病やメタボの予防、認知機能の維持、老化予防に役立つという論文が増えています。
 ブドウ糖になる糖質を極端に制限すると、中性脂肪が分解されてケトン体が合成され、このケトン体がミトコンドリアで代謝されてエネルギーとして利用されます。脳はエネルギーが5分間遮断されると死に至りますが、ケトン体があればエネルギーにできるのです。ケトン体で脂肪からの脂肪酸を分解すればダイエット効果も現れます。これが糖質制限によるダイエット効果で『ケトジェニック体質』と呼ばれます。
 ケトン体を増やす食品には、肉類・魚介類・海藻類・大豆食品・食物繊維(野菜)がありますが、加えてビタミン類やミネラル成分を十分に補給すればさらに効果が上がります。ケトン体食で肥満や生活習慣病を予防しましょう。

v185.jpg

VOL.184『人類の進化が生んだ21世紀型慢性疾患』 [生命]

◆類人猿からヒトへ
 日本人は農耕民族で、西洋人は狩猟民族であるとよく耳にします。そのため日本人には脂肪分の多い食生活は向かないといいますが、果たしてそうでしょうか。
 近年、地質学調査で発掘された遺跡からはクルミなどの木の実や動物・魚の骨が多く見つかっています。人類学上、ゴリラやチンパンジーなどの類人猿とヒトの系統が分かれたのは2400万年前で、人類は誕生からある時期までほとんどが狩猟や漁猟、採取を中心に生きてきました。農耕が始まったのはずいぶん後の話なのです。

◆狩猟から農耕へ
 遺伝子解析の進歩により、ミトコンドリアDNAという新しい解析手法を使うことでヒトの拡散の歴史が明らかになってきました。ヒトは約700万年前に類人猿の祖先と分かれ、約20万年前にアフリカで誕生しました。5〜8万年前には150〜2000人の集団がアフリカを出て北上し、世界中に拡散して、現在の人類に進化したといいます。
 ヒトはまず狩猟採取集団として出発し、自然界で手に入る食料を調達していました。この頃、大陸はまだ地続きだったので、大型の哺乳類を追って人類は世界各地に広がっていきました。ヒトの大きな大脳は脂肪やタンパク質を必要としました。そこで太く大きな親指を駆使し、石器を作って骨を砕き内臓を取り出すことで、栄養に富んだ肉食獣の食べ残しを主食として生き続けました。その後、大型の哺乳類を集団で仕留める知恵やチーム力を獲得し、火を手に入れて大きく進化しました。道具を作り、火を使ったり集団で暮らすことで罠を仕掛け、強い肉食獣と戦いました。
 組織的な農耕は1万年前にシリア北部やヨルダン川の付近で始まったといわれており、世界的に広がって定着したのは4000年前とされています。やがて人類は狩猟から農耕へと移行し、人口も50〜60倍と急激に増加しました。農耕が定着し、小麦や米のデンプン(糖質)を摂取するようになると、ヒトの血糖値は狩猟時代の2倍以上に上昇しました。

◆日本人の進化
 では、日本人はどこから来て何を食べていたのでしょう。アフリカを出た集団は日本列島にもやって来て縄文人となりました。その1万年後には水田稲作の技術を持った渡来人(弥生人)がやって来て稲作技術が伝わりました。弥生人のルーツは、ミトコンドリアDNAの解析から中央アジアのバイカル湖付近に住む人であったことが明らかになっています。
 5500年前の縄文時代前期の遺跡からは、どんぐりやクルミなど木の実の種子類、魚骨やウロコの魚骨層、淡水産の貝殻層が確認されました。その堆積状況から、秋に採取した森の食べ物を秋から冬にかけて食べ、春には淡水湖で魚や貝を、夏にはマグロやカツオ・ブリ・サワラなどの海水魚を獲って食べており、季節に応じた食生活をしていたことが分かります。それでも環境は過酷でエネルギー消費も多く、ほとんどは飢餓との戦いの日々でした。
 江戸時代中期には白米の食習慣が定着し、精米技術も向上しました。その結果が血糖値の急激な上昇を招きます。人類は進化に要した時間の大部分を狩猟によるタンパク質や脂肪、食物繊維の摂取で生き続け、その遺伝的仕組みをDNAに組み込みました。ところが農耕によって、血糖値の上昇、インスリン分泌の増加が起こり、大量の甘味の摂取が糖尿病という21世紀型の慢性疾患の増加を助長しました。糖尿病による死亡率の高い県では、農耕が盛んで、静かな田園地帯で美味しい米を作り、たくさん食べています。
 人類の進化が新しい病気も作ってしまったのです。タンパク質や食物繊維、そしてカルシウムをはじめとするミネラル成分を十分に摂取しましょう。白米よりもミネラル豊富な玄米を食べることをお勧めします。

v184.jpg