So-net無料ブログ作成
検索選択

VOL.183『男性の更年期障害ではありませんか?』 [体]

◆男性にも更年期障害がある
 近年、女性特有の症状と思われていた更年期障害が男性にも発症することが知られてきており、250万人以上に症状が見られるといいます。
 食生活の変化に起因するのか、男性ホルモンの減少による女性化が目立ち、やる気の低下や不眠症、急激な性欲の減退などの症状が現れます。40〜50歳代になると急激に、体を動かすことが億劫になったり、だるいなど、体の不調を感じ始めます。運動する時間が減るため、少しの運動でもすぐに息切れし、関節や筋肉が痛くなり、すぐに汗をかきます。疲れがとれず、筋力が低下するなど中高年特有の症状が現れ、お腹周りの肥満もあるので生活習慣病と思い専門外来を受診すると、血液検査で男性ホルモン(テストステロン)の値が基準値を下回り、加齢による性腺機能低下症候群(LOH)と診断されます。これが男性の更年期障害です。

◆原因と治療法
 男性の更年期障害の原因は主に日常のストレスで、加齢による男性ホルモンの減少によります。男性ホルモンは20歳代をピークに徐々に減少し、60歳を過ぎると20%、80歳以上では50%以上減少します。更年期障害の程度には個人差があり、発症する時期も30歳代後半から80歳以上と幅があります。
 更年期障害の主な症状は不安・イライラ・不眠・筋力低下・体のほてりなどで、放置するとテストステロンが低下するのはもとより、動脈硬化が急速に進行し、脂質代謝の悪化を促進するため内臓脂肪の蓄積増加による肥満や高血圧、2型糖尿病のリスクが高まります。食欲低下や不眠、倦怠感などの症状が出るため、うつ病などの精神疾患と混同されがちです。また、テストステロンの減少は、性欲の減退(ED)や頻尿を引き起こし、自信喪失や自殺にもつながります。性格的に神経質・真面目・几帳面・責任感の強い人は更年期障害を発症しやすいので注意しましょう。
 治療法はテストステロンの注射で、2〜4週間ごとの通院が必要となります。テストステロン注射は保険が適用されますが、自費診療となる場合もあります。治療の継続が困難な場合には保険適用外で男性ホルモン成分を含む塗薬の処方もあります。
 男性の更年期障害を克服するには、運動やスポーツをして体を動かすこと、勝ち負けを競うこと、若い女性と話をするなど性的にも興奮することです。そうすることで脳の視床下部が反応して男性ホルモンが分泌されます。もう若くないからと体を動かさずにいると、男性ホルモンの分泌量が少ないまま固定化されてしまうので、更年期障害はさらに悪化します。逆にスポーツなどで日常的に運動する習慣のある人は、男性ホルモン分泌が高い値を維持できていることが多いようです。特に運動をしなくても毎日の生活の中で5000〜10000歩のウォーキングを心がけるだけでも症状の改善や予防になります。

◆ミネラル成分を摂取しよう
 テストステロンが低下する原因としてミネラル成分である亜鉛やケイ素、マグネシウムの慢性的な不足が考えられます。ミネラル成分の不足は、性欲の衰え・前立腺の肥大・前立腺ガン・精子の減少・生殖能力の低下・勃起不全などの症状を引き起こします。
 男性の更年期障害に限らず、日頃から30分ほどの散歩を習慣にし、食物繊維を多く含むものや発酵食品、ミネラル成分を毎日十分に摂ることは大切です。ミネラル成分は吸収性が悪いので、意識してたくさん摂るように心がけましょう。生活習慣を改善し、更年期障害に負けない体を作りましょう。

v183.jpg

VOL.182『ジカ熱って?』 [健康]

◆流行が深刻化
 2016年になってから中南米などで蚊が媒介する感染症『ジカ熱』が猛威を振るっており、ブラジルではすでに150万人が感染しています。WHO(世界保健機関)は最大400万人が感染する恐れがあると警告し、2月1日にはスイスのジュネーブで緊急委員会が開催されました。
 ジカ熱はジカウイルスによる感染症で、1947年ウガンダの森林に生息するアカゲザルから初めて確認されました。その後、1954年にナイジェリアで人への感染が確認され、2007年にはミクロネシア連邦のヤップ島、2013年にはフランス領のポリネシアで確認されました。今回は、中南米を中心に25の国と地域に広がっており、今までに例がないほど深刻となっています。

◆ジカ熱とは
 ジカウイルスはデング熱や日本脳炎を引き起こすウイルスの仲間で、ウイルスを体内に持つ蚊に刺されることで感染が起こります。このウイルスを媒介するのはネッタイシマカですが、日本でも北海道を除く地域に生息するヒトスジシマカから感染する可能性があります。人から人への感染はないものと思われていましたが、アメリカでは性交渉による人から人への感染が報告されました。
 国立感染症研究所によれば潜伏期間は3〜12日とみられ、発熱・筋肉痛・眼球結膜充血・皮疹・関節痛などの症状が出ます。現在のところ有効なワクチンがないため、感染症の封じ込めが急務となっています。予防ワクチンや有効な治療薬はありませんが、通常、症状は軽く2〜7日位で治り、後遺症もほとんどありません。感染に気付かなかったり、症状が出ないこともあるようです。
 ジカ熱は、症状が軽く感染自体に気づかない人も多く見られる一方、小頭症を発症する新生児が急増しています。2015年10月以降418人が報告され、新生児68人が死亡しました。そのため、ブラジル保健省は妊娠中のジカウイルス感染と胎児の小頭症には関連があると発表しましたが、WHOでは調査中であるとしており、そのメカニズムはまだ解明されていません。アメリカ疾病対策センターは妊娠中の感染に関して、詳細な調査結果が出るまでは流行地域への妊婦の渡航は控えるように注意を促しています。

◆気をつけること
 2月にブラジルで行われるリオのカーニバルには100万人以上の観光客が見込まれ、その半年後にはオリンピックが開催されることから、保健衛生局では蚊の駆除や撲滅に躍起になっています。カメや瓶の中に水が溜まっていれば、蚊の幼虫であるボウフラが繁殖することから、水が溜まりそうなものを排除するなどの対策がとられています。ブラジルとアメリカの大統領は緊急の電話会談でワクチン開発の協力で一致しました。
 日本でも厚生労働省が注意を呼びかけています。2013年以降、フランス領ポリネシアやタイからの帰国者3人が現地で蚊に刺された後帰国して発症した例もあり、今年は夏にブラジルでオリンピックが開催されるため、流行地域への行き来が増えることが予想されることから、妊婦はなるべく渡航を控えるべきと言っています。
 ジカウイルスは感染力が強く、日本人は欧米人と同様に免疫力が低下しているので感染しやすく、発症しやすくなっています。また、人から人へも感染する可能性が出てきているため、妊婦だけでなく、免疫力が低下している高齢者や幼児、基礎疾患のある人は感染すると重症化することが予想されますのでご注意ください。

v182.jpg

VOL.181『寿命の回数券「テロメア」』 [生命]

◆遺伝子とテロメア
 ヒトは遺伝子によって生かされ、125歳までは生きられると言われています。実際、長寿の世界記録はフランス人のジャンヌ・カルマンさんで122歳まで生きました。しかし、病気になりやすい人となりにくい人の間で遺伝子には差がないことが分かっています。
 人間の寿命を決めているものにテロメアと呼ばれるタンパク質があります。ヒトの体は60兆個の細胞で形成されており、細胞内の染色体の中には遺伝子が連なってDNAを形成しています。この染色体の末端にテロメアと呼ばれる物質がかぶさっていて、染色体の末端がほどけないように守っています。テロメアは、寿命の回数券とも呼ばれ、テロメアの長さがヒトの寿命を決めています。
 テロメアは、誕生時には約1万塩基対あり、成長とともに1年間で平均50塩基対ずつ短くなります。テロメアは細胞分裂するごとに短縮し、約5000塩基対まで短くなると細胞の寿命が来て死に至ります。その間を単純に計算すると100年くらいになります。ですから、ヒトは途中で病気になったり、事故で命を落とさない限り、100歳までの寿命を持っていることになります。テロメアの研究は1930年代から始まり、2009年にはテロメア研究で3人がノーベル医学生理学賞を受賞しました。

◆テロメアの短縮
 テロメアは細胞分裂ごとに短くなりますが、細胞は病気をするごとに分裂を速めます。高血圧や動脈硬化、糖尿病などの慢性疾患では、細胞が急激に分裂するのでテロメアの短縮が加速します。
 また、テロメアの短縮を加速するものに活性酸素があります。体内の活性酸素が増加すると寿命が急激に短くなり、病気は体内の活性酸素量を増やします。本来、活性酸素は体内に侵入する異物や病原体を排除する免疫機構です。細菌やウイルスなどが体内に侵入した時、免疫担当細胞がこれらを攻撃・排除できるのは活性酸素の働きによるものです。しかし、病原体によって死滅した細胞を補おうと細胞分裂が加速するので、テロメアは短縮してしまいます。
 毎日の生活で使う電化製品(スマートフォン・パソコン・冷蔵庫・電子レンジなど)からは電磁波が出ています。電磁波を浴びると体内では活性酸素が大量に発生します。また、私たちが毎日口にする水道水には消毒のための塩素が入っており、塩素と有機物が反応してできる発ガン性物質トリハロメタンが含まれています。トリハロメタンもまたテロメアを短縮します。激しい運動や過剰なストレス状態が続いたり、紫外線を浴びたりしても活性酸素が発生し、テロメアは短縮します。

◆フィトケミカルを摂ろう
 活性酸素を抑える食品にはフィトケミカルと呼ばれる食物繊維(野菜・海藻・キノコ類・豆類など)があります。他に抗酸化物質のポリフェノールを多く含む赤ワインや、穀物繊維である五穀米・玄米なども活性酸素を抑え、テロメアに良い食物となります。1週間に2〜3回肉類の資質と食物繊維を一緒に食べることは活性酸素の害を抑制します。
 日本では年々、活性酸素を中和するフィトケミカルを豊富に含む、野菜・果物・豆類・海藻類の摂取量が減っています。フィトケミカルは植物の細胞と細胞膜の中に存在します。熱を加えることで細胞膜が壊れるので吸収率が高まります。しかも熱に強いので、それらの味噌汁やスープは活性酸素を消す最高の料理と言えます。冬の寒い日には暖かい野菜鍋が最適です。テロメアの短縮をできるだけ遅らせ、健康長寿を楽しみましょう。

v181.jpg