So-net無料ブログ作成

VOL.176『タイムラインという考え方』 [生活]

◆環境因子と遺伝因子
 ヒトの健康状態は、環境因子と両親からの遺伝因子の積み重ねで決定されます。そこで、これら遺伝子の解析から病気の予防や治療を進めようとするのが遺伝子医学です。
 遺伝子情報はゲノムと呼び、遺伝因子となるDNAは32億個の塩基からできています。2003年にはヒトの遺伝子が全て解明され、遺伝子は全DNAの2%以下ほどであることが分かりました。ヒトの生命の設計図である遺伝子が解明されたことで、病気になる仕組みやその治療法も明らかになるのではと期待されました。ところが、生命は極めて複雑で、ゲノム解析は病気の克服には直結しなかったのです。
 例えば、寿命には個人差があり、それを決める要因は長寿遺伝子の有無だと言われていました。しかし、後に全ての人に長寿遺伝子があることが分かり、長生きできる人は長寿遺伝子にスイッチが入り、長生きできない人はスイッチが入らないことが分かったのです。
 また、ガンなどの生活習慣病の発症に遺伝子が関与する割合は5〜10%に過ぎず、遺伝子(ジェネティクス)だけでは健康と病気は解明できない、つまり、環境因子(エピジェネティクス)と遺伝因子の積み重ねで健康状態は決定され、遺伝因子は環境因子に大きく影響を受けることが分かりました。

◆タイムラインとは
 これを受けて、機能的医学が重要視されるようになり『タイムライン』という考え方が生まれてきました。タイムラインとは、母親のお腹の中にいる時から現在までの生活習慣、特に食生活、その間の栄養バランス、病気や感染症になった事例の有無・頻度などを時系列で並べて環境因子と遺伝因子の重なり合いを研究しようとする発想です。
 妊娠中に母親の栄養状態が悪いと子供は太りやすくなり、大人になってから糖尿病や高血圧になるリスクが高まります。母親の栄養バランスが悪いと、胎内の子供の栄養状態も悪化し、エピジェネティクスが働いて、子供はエネルギーを倹約する体質に変わります。すると大人になって飽食(過食)の環境になるとエネルギー倹約体質が働いて肥満になります。太ることで膵臓からのインスリン分泌の効き目が低下し、インスリン抵抗性となって糖尿病になりやすくなるのです。
 タイムラインでは、腸内細菌叢が病気の成り立ちに関与するといいます。子宮内の胎児は無菌状態ですが、産道を通って生まれてくるときに母親から細菌を受け継ぎます。産道には乳酸菌が生息しており、出生時に新生児の鼻や口から侵入し、腸内で急速に増殖します。ところが、帝王切開で生まれた新生児にはこれがありません。そのせいで大人になってから腸内細菌叢のバリア機能が弱く、アレルギー疾患を発症しやすくなります。また、子供の頃に抗生物質を大量に投与されても腸内細菌叢のバランスが崩れ、腸内のバリア機能は低下します。これが大人になってから生活習慣病の原因となります。

◆腸内環境を整えよう
 21世紀は腸内細菌叢の時代と言われます。腸内細菌叢が全身の体調を左右し、免疫機能に関与するからです。腸内の善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)は母乳栄養で増え、悪玉菌(ウェルシュ菌)の増殖を防いで体内の炎症反応を調節しますが、加齢とともに減少していきます。善玉菌の栄養源は食物繊維で腸管内の修復には欠かせない栄養素です。傷ついた腸管や粘膜は数日で入れ替わります。その時、欠かせないのがビタミン類やミネラル成分です。つまり、健康維持のためには食物繊維とミネラル成分の摂取が欠かせないということです。タイムラインを知って腸内環境を整え、健康維持に努めましょう。

v176.jpg

VOL.175『ミネラル豊富な水を飲みましょう』 [水]

◆体内の水の動き
 体内の老廃物を除去するには水が欠かせません。血液中の老廃物は腎臓の糸球体で濾過され、尿中に排泄されます。ヒトは1日に尿から1500ml、皮膚から600ml、呼気から300ml、便から100ml、合計2500mlの水分を失っています。体内のエネルギー代謝で300mlの水分が代謝水として産生されるので、差し引きすると1日に必要な水分量は2200mlとなります。
 このうち1000mlは食物から摂取するので、尿の排泄を促進させるためには最低でも1200mlの水分を摂取する必要があります。むしろ1500〜2000ml以上飲むことが望まれます。摂り入れる水はミネラル成分を豊富に含んでいることが基本となります。

◆早めに、こまめに、少しずつ
 スポードリンクには糖分や人工甘味料などが多く含まれているので、体内環境に良いとは言えず、摂取した量より多くの水を飲まなければなりません。また、コーヒーやお茶は糖質やカロリーはゼロですが、利尿作用のあるカフェインが含まれているので、飲んだ分以上に排尿されてしまい、注意が必要です。また、就寝中は皮膚や呼気から水分を失います。空気が乾燥していれば水分の減り方も多くなります。就寝前と起床後にはコップ2杯分の水分を補う習慣をつけましょう。
 毎日の水分摂取のポイントは、早めに、こまめに、少しずつ水を飲むことです。喉が渇いたと感じた時にはすでに軽度の脱水症状を起こしています。特に高齢者は喉の渇きを感じにくくなるので、喉が渇いていなくても早めに水を飲むようにしましょう。乳幼児など子供の病気のほとんどは水分不足による体内の脱水が関わっています。ヒトのカラダは体液濃度(浸透圧)の急激な変化には対応できません。体液濃度が上昇した時、一度に大量の水を飲んでも体液中には入らず、すぐに尿となって排泄されてしまいます。それゆえ水はこまめに少しずつ飲むことが重要なのです。トイレに入ったら尿の濃さを観察しましょう。色が濃いと感じれば水分摂取量が不足しており、カラダが脱水状態になっていることを示しています。高齢になれば、手や足・腕の筋肉が退化し、シワが多くなるので、血管が膨らんで目立つようになります。手や足の血管の丸みがなくなり、扁平に見えるようであれば脱水症のサインです。体内の水分は10%失われると危険状態となり、20%失われると死に至ります。

◆水が良ければ病気になりにくい
 水は組織内に浸透し、生命維持や健康維持に関与します。ヒトは毎日、食物を消化し、吸収しています。水はその運搬と老廃物の排泄を担っています。生き続けるための呼吸や血液循環も水が中心的役割を果たしています。その水にはさまざまなミネラル成分がバランス良く含まれていることで、生命の恒常性が維持されているのです。ミネラル成分の中でもカルシウム・マグネシウム・亜鉛・ケイ素が多く含まれている水を飲んでいる地域の人々は、いずれも健康で長生きです。毎日の生活水が良ければ病気になりにくく、水が悪ければ病気になります。
 水に含まれるミネラル成分(特にカルシウムやマグネシウム)やアルカリ食品(野菜・豆類・海藻類・発酵食品など)を食べることでカラダは弱アルカリ性となり健康になります。食物繊維やカルシウム・マグネシウムを摂取することで腸内細菌叢を活性化し、便秘にならず皮膚や粘膜の抵抗力が高まります。その中心となるのが水分補給です。
 21世紀は腸内細菌叢の時代と言われるように、腸内細菌叢が活性化すれば病気になりません。毎日ミネラル成分を豊富に含む水を、早めに、こまめに、少しずつ摂る習慣を身につけましょう。

v175.jpg