So-net無料ブログ作成
検索選択

VOL.174『チアシードとキヌアに注目』 [体]

◆今気になるスーパーフード
 今、美意識の高い女性の間で話題なのが『チアシード』と『キヌア』です。チアシードはゴマのような小さな粒ですが、栄養価に優れ、腹持ちも良いので、これを使ったビスケットが空腹しのぎに良いとダイエット中の女性などに人気です。
 キヌアは見た目がキビやアワに似た雑穀で味にはクセがなく、タンパク質や食物繊維が豊富に含まれています。どちらもダイエットやデトックス効果に優れており、これから食事に取り入れたい素材です。

◆チアシードとは
 チアシードとは、中南米(メキシコ南部)原産のシソ科の植物で水に浸すとカエルの卵のようにゲル状に膨らみます。脳細胞を活性化し、若さを保つというオメガ3脂肪酸・8種類の必須アミノ酸・食物繊維が豊富に含まれています。日本でも人気のスーパーモデルが常食していることから話題になり、メディアやタレントからの発信で一気に知れ渡りました。
 チアシードはスプーン1杯でサンマ1匹分のオメガ3脂肪酸・わかめ100g分の鉄分・アスパラ3本分の亜鉛などを摂取できます。食物繊維が12g中に4.1gで玄米の0.5gや大豆の2.2gと比較しても多く、ごぼうの5.1gに迫る多さです。多くは黒い粒で、白い粒が少量含まれています。黒い粒よりも白い粒の方が栄養価が高いので、白い粒だけに品種改良したものをスーパーチアシードといい、このスーパーチアシードの脂肪酸はオメガ3が66%を占めています。
 若い女性は、睡眠不足・運動不足に加えてダイエットによる栄養バランスの乱れを感じており、ダイエットしながら栄養補給できるチアシードへの注目度が高まっています。最近では都心部のオフィス街にも食料品店が増え、チアシードの売り上げは10倍以上に伸びています。味にクセがなく、ヨーグルトや飲み物など何にでも混ぜられます。またゴマ感覚で、おひたしや味噌汁など手軽に和食にもトッピングできます。ブームはダイエット女性をターゲットとする外食産業にも拡大し、チアシード入りのオムレツが食べられたり、自然食店ではゲル状を生かしたドレッシングなどが新たに販売されています。

◆キヌアとは
 チアシードとともに南米原産の雑穀であるキヌアもダイエットや美容健康に良い食品として人気が高まっています。キヌアはアカゲ科の植物で栄養価が高く、9種類の必須アミノ酸を含んでいます。栄養価はタンパク質が白米の2倍、鉄分は5倍、食物繊維は10倍も含まれています。他にカルシウム・マグネシウム・リン・ナトリウム・カリウムなども多く含んでいます。特に胚芽の部分にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、ピラフやリゾットなど、大麦・玄米・大豆と混ぜても美味しく、野菜スープにもよく合います。
 キヌアは高原地域の痩せた土地でも育つことから日本でも耕作放棄地の解消や地域活性化の目的で多く栽培されるようになっています。化学肥料や農薬を使う必要がなく、病害虫やシカ・イノシシなどの被害に悩まされることもないので安定供給できるというメリットがあります。また、キヌアの粉にはグルテンが含まれていないので、アレルギー疾患にかかりにくいというメリットもあり、大豆を含まない粉としてアレルギーの代替え食材としても期待されています。
 チアシード、キヌアともに現代日本人の肥満解消やダイエット ・カロリー制限によく適しており、栄養価も優れていることから健康維持も期待できる食材と言えるでしょう。

v174.jpg

VOL.173『肥満の解消方法』 [体]

◆肥満は健康に悪い
 肥満はなぜ健康に悪いのでしょうか。基本的に体重が重くなれば身体への物理的な影響があります。肥満では膝関節への負担が大きくなり、膝関節が破壊され疼痛が激しくなります。加えて余分な脂肪が喉の周囲に蓄積し起動が狭くなると、睡眠時無呼吸症候群となって睡眠が妨げられます。さらに、肥満では血圧が上がるので、動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞・脳梗塞になりやすくなります。また、高血圧や糖尿病など代謝異常や循環器障害を伴った内臓脂肪型症候群である生活習慣病(メタボリックシンドローム)となります。

◆肥満と脂肪細胞
 肥満には脂肪細胞が大きく関与します。人類の歴史は常に飢餓との戦いでした。そこで食べられる時にできるだけ食べておき、次に訪れる飢餓に備えてエネルギー源を脂肪細胞に蓄積する仕組みができたのです。その結果、脂肪細胞はその機能に特化した細胞に進化しました。しかし、飽食の時代となった今日、脂肪細胞には大量の中性脂肪からなる脂肪が貯め込まれています。脂肪には1gあたり9kcalのエネルギーが蓄えられています。炭水化物やタンパク質が4kcalであることから、脂肪は少ない重量で多くのエネルギーを得られるように特殊化したことが分かります。
 脂肪細胞は多くの生理活性物質(ホルモン・サイトカイン)を産生する内分泌器官でもあります。肥満の人は、脂肪細胞が分泌するアディポネクチン(善玉サイトカイン)の分泌が減少します。すると、血液が固まりやすくなるので、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞になりやすくなります。健常人では血液中にアディポネクチンが高濃度で存在するので、血管壁に傷があると血管壁に集積して保護し、動脈硬化を抑制します。ところが、肥満ではアディポネクチン濃度が低下します。つまり肥満の脂肪細胞は脂肪を蓄えすぎて、細胞の性質が変化してしまうのです。その結果、肥満では膵臓からのインスリン分泌が低下し、高血糖状態となります。体内では悪玉アディポサイトカインが増え、脂肪肝となります。
 近年、遺伝子の発現パターンが後天的な要因により影響を受けることが分かりました。遺伝子も環境要因によって変化するのです。そこで、実験的に肥満で糖尿病を起こしたオスのラットに正常なメスのラットを交配したところ、生まれたラットは高血糖とインスリン分泌の低下を示しました。つまり、高脂肪食による代謝異常を伴った遺伝子が子孫に伝えられるのです。太った母親からも胎児に肥満遺伝子が伝わることが分かっています。

◆食欲に打ち克つ
 食欲は生命の根源であり、生命中枢とも密接に関係しています。そして食欲は、常に飢えにさらされ続けてきた人類の進化の歴史であるため、抑制することが難しい魔物となってしまっています。さらに、肥満では記憶中枢の遺伝子に組み込まれ記憶され、脳の反応が鈍くなり、食欲が抑えられなくなります。
 肥満を解消するには基本的にたくさんの水を飲むことです。水分を摂ることで胃が伸展し食欲を高めるグレリン分泌が減るので食欲を抑制します。肥満を解消するには良い水を飲みながら規則正しい生活習慣や適度な運動・バランスのとれた制限食を持続することが大切です。しかし、短期間での肥満解消は必ずリバウンドします。急激な体重減少は避け、最低1年以上かけてゆっくりと減量することをお勧めします。食欲の秋、美味しいものがあふれる季節ですが、自身の健康と相談しながら旬の味覚を味わいましょう。

v173.jpg